根岸英一(ノーベル賞)が交通事故で入院!妻すみれさん死去!容体と事故状況・原因は?

スポンサーリンク

おはようございます。ケチャンです。

とても心配且つ残念なニュースが入りました。

2010年に、ノーベル化学賞を受賞された、

現在パデュー大学特別教授を務めておられる、

根岸英一教授(82)が交通事故を起こし、

入院されたとの報道がありました。

そして、残念なことに、同乗していたと

思われる妻の、すみれさん(80)が死去された

ようです。

今回は、根岸英一教授の交通事故の状況や、

現在の容体、そして交通事故の原因について

調べてみます。

スポンサーリンク

目次

1.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)の事故状況・原因は?

2.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)の容体は?

3.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)について

1.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)の事故状況・原因は?

報道によると、根岸英一教授(82)と、

妻のすみれさん(80)が乗った自動車が、

アメリカのイリノイ州地方部の道路で、

交通事故を起こしたとみられる、とのことです。

地元の警察によると、妻のすみれさんは死亡。

根岸英一教授も3月14日現在、病院で治療を

受けている、とのことですが、。具体的な

病院名や場所は明らかにされていません。

実は、お二人は3月12日に行方が分からなく

なっていたようで、同日に捜索願が出されていた

そうです。

地元の警察は3月13日の午前に、自宅から約320キロ

離れた、北東にあるゴミの埋立地の敷地内を歩いていた

根岸英一教授を発見したそうです。

妻の、すみれさんは車の近くで遺体で

発見された、と報じられています。

アメリカの地元テレビ局「WTHR」によれば、

根岸夫妻は、車で付近の空港へ向かう途中で、

方向が分からなくなったもよう。

根岸英一教授は、運転していた車が側溝に

突っ込んでしまった為、妻の、すみれさんを車内

に残し、助けを呼ぶために、その場を離れた、

ということのようです。

報道内容から推測すれば、根岸英一教授は

自動車で交通事故(脱輪)をし、その前後に

何かと接触して、自走できなくなり、

周囲に助けを求めるために車外へ出た所で

地元警察によって発見された。

一方、妻のすみれさんは事故の衝撃によって、

車内のどこかに衝突し、根岸英一教授が車外へ

出たあと、ご自身も自力で車外へ出たあと、

何らかの要因があって、お亡くなりになられた、

のではないか?と思われます。

こちらについては、情報が入り次第、

記事を追記致します。

スポンサーリンク

2.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)の容体は?

今回の交通事故のニュースは、まだ一報が入った

ばかりであるため、根岸英一教授の容体に

ついては、明らかにされていません。

こちらについては、情報が入り次第、

記事を追記します。

3.根岸英一教授(ノーベル化学賞受賞)について

名前:根岸英一(ねぎし えいいち)

生年月日:1935年7月14日

年齢:80歳 ※2018年3月時点

職業:化学者

根岸英一教授は、現在も在籍しているアメリカの

インディアナ州のパデュー大学で教鞭をとって

おられます。

同大学にて「有機亜鉛化合物と有機ハロゲン化物とを

パラジウムまたはニッケル触媒のもとに縮合させ、

C-C結合生成物を得る根岸カップリング」を発見

されたことによって、2010年(平成22年)10月6日に

ノーベル化学賞を受賞されています。

ちなみに、この度お亡くなりになられた

奥様の、すみれさんは高校の同級生の妹さん

だったそうで、お二人の間には二人の娘さんが

、そして4人のお孫さんもいらっしゃるようです。

奥様の、すみれさんのご冥福を心よりお祈り

申し上げます。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする