スティーブン・ホーキング博士死去!死因や葬儀は?今後の宇宙物理学はどうなる?

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

訃報です!イギリスのケンブリッジ大学教授で

「車いすの天才学者」として知られる

天才宇宙物理学者・スティーブン・ホーキング

博士(76)が逝去されました!

スティーブン・ホーキング博士の死因や葬儀、

また今後の宇宙物理学界はどうなるのか?

について考えてみたいと思います!

スポンサーリンク

目次

1.スティーブン・ホーキング博士とは?

2.スティーブン・ホーキング博士の死因は?

3.スティーブン・ホーキング博士の葬儀は?

4.スティーブン・ホーキング博士の宇宙物理学界に及ぼす影響は?

1.スティーブン・ホーキング博士とは?

出典元:https://goo.gl/Ayd87j

1942年生まれ。

両親ともにオックスフォード大学卒という

エリートの元に生まれる。

ホーキング博士:オックスフォード大学の大学院で

物理学と宇宙論を専攻していた学生時代に

全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病

「筋萎縮性側索硬化症」を発症。

それからは車いすでの生活を余儀なくされた。

量子力学や一般相対性理論などを駆使し、

1960年代後半には、ブラックホールの存在

を証明されています。

1979年から、宇宙物理学者として

イギリスのケンブリッジ大学で教授として教鞭を

とってこられました。

また、1983年には宇宙の始まりを解明する

「無境界境界条件」論を発表するなど、

新しい宇宙理論を提唱されました。

1988年に「ホーキング、宇宙を語る」を出版。

宇宙の起源、ブラックホールの存在について、

人々に分かりやすく説明して、

世界中でベストセラーとなっています。

2.スティーブン・ホーキング博士の死因は?

スティーブン・ホーキング博士は76歳でした。

なぜ亡くなられたのか、まだその死因は

あきらかにされていません。

イギリスの公共放送、BBCによれば、

ブラックホールの研究を続けてられてきた、

ホーキング博士が3月14日に亡くなりました。

76歳でした。と報じていますが、詳細はまだ

明らかにされてはいません。

現在、推測される死因は、前述の難病

「筋萎縮性側索硬化症」による著しい

筋力の低下により、肺や心臓の筋力低下から

くる不全や呼吸困難が考えられますが、

真相はまだわかりません。

 こちらについてはわかり次第、

記事を追記します!

スポンサーリンク

3.スティーブン・ホーキング博士の葬儀は?

こちらについても、まだ訃報が入ったばかり

であるため、今後の予定は未定となっている

ようです。

こちらも情報が入り次第、記事を追記します。

4.スティーブン・ホーキング博士の宇宙物理学界に及ぼす影響は?

スティーブン・ホーキング博士の突然の

訃報により、これから先、宇宙物理学界に

とって、大変大きな損失になることは

否めないでしょう。

今後は、同博士の意志を継ぐ人達に

大きな期待が寄せられると思われます。

ホーキング博士は生前、このような言葉を

残されています。

「私は死ぬことを恐れていません。

ただ死ぬ前にしたいこと発見したいことが

山ほどあるのです」

博士のしたいこと。

全て満足して終えられたのか、

だけが気がかりです。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする