大山まき(ロック)がかっこいい!年齢や経歴、ラウドネスやライブ曲動画がヤバい!【カラオケバトル】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

2018年12月現在、大阪を中心に活動する

ロックシンガー&ソングライターの

大山まきさんをご存知でしょうか?

音楽好きの方もそうだとおもいますが、

僭越ながら私ケチャンも、

大山まきさんの存在は以前から

知っていました。

大山まきさんハスキー&パワフルボイス

を最初に聴いた時の衝撃は、それはもう

言葉では言い表せません(^-^)

細身の体から繰り出される

パワフルな歌声から、大山まきさんは

音の爆撃機との異名

持っているそうです(^^;)

今回は、そんな大山まきさん

年齢経歴ラウドネスライブ

そして曲動画についても調べてみました。

スポンサーリンク

大山まきさん(ロック)のチェックポイント!

1.大山まきさん(ロック)の年齢や経歴は?

2.大山まきさん(ロック)とラウドネスとは?

3.大山まきさん(ロック)のライブや曲動画は?

1.大山まきさん(ロック)の
年齢や経歴は?

出典元:https://www.google.co.jp/

名前:大山まき(おおやま まき)

誕生日:8月24日

年齢:非公開

出身地:岡山県

居住地:大阪府

特技:歌

趣味:読書、お酒

所属事務所:LAZY ART

【年齢】

公式サイトでは、上記のように

誕生日こそ公表されているものの、

生年月日が明かされていないので、

実年齢は非公開とされています。

女性の年齢については、

あまり触れたくはないのですが、

パッと見た限りでは

20代後半から30代前半

といった感じでしょうかね(^-^)

【主な経歴】

岡山県出身の大山まきさん。

残念ながら年齢が非公開とされている

関係で、幼少期や、中学・高校時代などの

情報は公開されておらず、

詳しいことはわかりませんでした。

大学に進学した大山まきさんは、

在学中から音楽やタレント活動を

開始されているようです。

2013年にバンドを率いて、

ソロアーティストとしての

デビューをされているようです。

小規模なライブハウスでの

活動、ということではなく、

全国のロックフェスや音楽イベントに

参加し、着々とその知名度を

上げて来た、ということのようです。

このロックフェスや音楽イベントには

日本のロックメタル最高峰

と呼ばれるミュージシャン群たちと

共演を果たされており、

聖飢魔Ⅱ・デーモン閣下さんをはじめ、

出典元:https://www.google.co.jp/

海外でも高い評価を得ている

LOUDNESS(ラウドネス)・高崎晃さん

出典元:https://www.google.co.jp/

沖縄の代表的メタルバンド・紫(MURASAKI)

出典元:https://www.google.co.jp/

などなど、音楽好きからすれば

夢のようなビッグネームとの共演を

果たされています(^-^)

スポンサーリンク

2013年4月

ファーストミニアルバム
「愛すべきけものたちへ」をリリース

出典元:https://www.google.co.jp/

11月 アンプラグドカバーアルバム
「あさげ」をリリース

出典元:https://www.google.co.jp/

2014年5月 会場限定のシングル
「おやつ」をリリース

出典元:https://www.google.co.jp/

8月 毎年大阪で開催されている
「豊中まつりピースフルロック・
フェスティバル・オーディション」

出場しグランプリを獲得

11月にセカンドミニアルバム
「アダムの声帯」をリリース

出典元:https://www.google.co.jp/

2015年3月 金沢と大阪にて
会場限定2ndシングル「ごはん」の

ワンマンショウを開催し

大盛況の中幕を閉じる

7月 沖縄のライブハウスにて

紫(MURASAKI)と共演を果たす

7月25日 金沢にてワンマンライブ開催

11月 沖縄にて紫、高崎晃 (LOUDNESS)さん

SEX MACHINEGUNS台湾のバンド等
ステージセッションを行う

2016年

6月 金沢にて開催の「百万石音楽祭 2016~
ミリオンロックフェスティバル~」に出演

8月「CHAIN the ROCK FES 2016」に出演
9月 「秋フェス2016」、
11月「高槻ぐるぐる魂!!」
12月 「7th Heaven Rock Summit 2016
Super Live Night!」に出演

ワンマンライブにて
会場限定CD「昭和兄弟」
「大正ロマンジャズ」「アコメタル」を
次々とリリース

2017年

5月 アコースティックでメタルをやる

動画企画
「アコメタル大作戦」をスタート

9月 大阪を拠点に活躍している

女子ハンドボールチーム
「大阪ラヴィッツ」とのタイアップソング

=3rdシングル「手の鳴るほうへ」をリリース

出典元:https://www.google.co.jp/

12月 大阪市中央体育館にて

日本ハンドボール選手権大会決勝戦で

自身念願の国歌斉唱を行う

2018年
1月 「The Session Vol.2」をリリース

ざっと経歴を見ているだけでも、

超大物ロックミュージシャンとの

共演を果たし、次々と新しい試みに

チャレンジしていく大山まきさん

は、やはりタダモノではない感を

強く感じます(^-^)

★続報!

2018年12月19日(火)18時55分~

テレビ東京のTHEカラオケ★バトル
【冬のヒットソング限定!
歌の異種格闘技戦】

大山まきさんが出場されます。

是非、テレビで大山まきさんの

パワフルボイスをご堪能ください(^-^)

THEカラオケ★バトルに出場している
常連メンバーや話題の人物はコチラです!

THEカラオケ★バトルまとめ!

スポンサーリンク

2.大山まきさん(ロック)と
ラウドネスとは?

大山まきさんを調べていると

検索窓に「ラウドネス」という言葉が

見つかります。

こちらは経歴のところでもご紹介した

海外で大変高い評価を受け、成功している

ジャニーズヘヴィメタルバンド

LOUDNESS(ラウドネス)

のことです。

LOUDNESS(ラウドネス)

は1981年にデビューしたバンドですので、

2018年12月現在、40年間弱という長い

間、国内外問わず大きな支持を得ています。

日本の有名なロックバンドの多くは

少なからず

LOUDNESS(ラウドネス)の影響を

受けていると言っても

過言ではないでしょう。

ちょっと話が反れましたが、

大山まきさん

LOUDNESS(ラウドネス)の

中心メンバーである高崎晃さんが

共演を果たしていることは

前述の通りですが、

大山まきさんアコメタル

(アコースティックメタル)

動画において、LOUDNESS(ラウドネス)

の曲を何曲かカバーしているのですが、

これが大変な反響を呼んだようです。

なので、この章では、実際にその動画を

ご紹介します!

是非、大山まきワールド

ご堪能ください(^-^)

IN THE MIRROR / LOUDNESS (cover)

いかがでしょうか?

アコースティックなのに
これほどまでに凄まじい
歌声とインパクトを与える
日本人女性ロックミュージシャン
そういませんよね(^^;)

ちなみに、原曲の動画はコチラです!

こちらは

オリジナルバージョンですが
当時を知っている人にとっては
懐かしいでしょうね。

ラウドネスはメンバーを
頻繁にチェンジしており、
この曲は1991年のリリース。

ボーカルは、
北欧出身の超絶ギタリスト・
イングヴェイ・マルムスティーン

出典元:https://www.google.co.jp/

とも一時期、タッグを組んでいた
マイク・ヴェセーラです。

この動画を比べると、

不思議とマイク・ヴェセーラよりも

大山まきさん迫力

注目してしまうのは私だけでしょうか(^^;)

スポンサーリンク

3.大山まきさん(ロック)の
ライブや曲動画は?

大山まきさんの歌声を是非、

生のライブで体感したい!

そう思っている方もいらしゃるかと

思います。

2018年の年末は

12月24日が年内最後のライブ。

2019年は1月5日からライブをスタート

する予定のようです(共に大阪)

チケットの購入も含め、

詳しくは公式HPにてご確認ください。

そしてやはりもっと大山まきさん

の歌声を聴きたいという方のために、

もう2つ曲動画をご紹介します。

一つ目は

女子ハンドボールチーム
「大阪ラヴィッツ」とのタイアップソング

手の鳴るほうへ」です

この曲は楽曲提供という形ではなく
応援ソングとして制作されたようです。

2つ目は

X JAPANの代表曲「紅」のカバーです

ゴチャゴチャと御託を並べる

必要はないですね。

素晴らしいの一言です!(^-^)

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

数少ない日本の女性ロックシンガー

の中でも

これほどまでの歌唱力を持った

女性シンガーはそういません。

そんな天性の歌声と才能を持った

大山まきさんの、これからの活躍に

目が離せないですね(^-^)

ここまでお読みいただき、

本当にありがとうございました m(__)m

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする