田中達也(ミニチュア写真家)のwiki!作品や熊本や自宅、カメラと作り方は?【情熱大陸】

​こんにちは。ケチャンです(^-^)

サイトにお越しいただき、

ありがとうございます。

 

今、ミニチュア写真家として

大注目を浴びている、田中達也さん

ご存知でしたか?

私は最近までこの方の存在を

全く知りませんでした。

しかし、田中達也さんの作る

ミニチュアの世界にすっかり

魅了されてしまいました(^-^)

 

今回は、そんな田中達也さん

ミニチュア写真作品や、熊本について、

また、自宅や使用機材であるカメラ

作品の作り方についても

調べてみました(^-^)

 

 

スポンサーリンク

 

田中達也さん(ミニチュア写真家)のチェックポイント!

1.田中達也さん(ミニチュア写真家)のwiki風プロフィール

2.田中達也さん(ミニチュア写真家)のミニチュア写真作品は?

3.田中達也さん(ミニチュア写真家)と熊本、自宅は?

4.田中達也さん(ミニチュア写真家)の使用カメラと作品の作り方は?

 

1.田中達也さん
(ミニチュア写真家)
のwiki風プロフィール

出典元:http://miniature-calendar.com/

 

名前:田中達也(たなか たつや)

生まれ年:1981年

出身地:熊本県生まれ、鹿児島育ち

趣味:プラモデル制作・収集
(特にガンダム)、漫画、映画鑑賞

家族:奥さん、息子さん

職業:ミニチュア写真家、見立て作家

 

 

【主な経歴】

2010年(29歳頃)、田中達也さん

当時、デザイン会社に勤められており、

デザイナーさんとして働いていたそうです。

その傍ら、趣味で始めたのが

今のお仕事にもなっている、

ミニチュアを使った

写真撮影だったんだそうなんです。

 

最初は、撮った作品をインスタグラムに

投稿していたそうです。

その当時、風景の中にモデルさんを

経たせてインスタに投稿した作品が

人気を博していたんだそうで、

そういった感じで、田中達也さんも、

なんとなく始めてみようと思われた

のが、動機だったそうなのですが、

会社勤めをしながらモデルさん

を含めた風景写真を撮る、という

暇が殆どなかったそうなんですね。

 

なので、もっと手軽にできないかな?

と考えた挙句、やってみたのが

昔から好きだったプラモデルの

ミニチュア人形をモデルに見立てて

撮った写真だったそうです(^-^)

 

 

スポンサーリンク

 

~最初から順調ではなかった~

そんな感じで、ミニチュア人形を使った

写真をインスタに投稿していった

そうなのですが、フォロワーからの

反響は殆どなかったそうなんですね。

ただ、田中達也さんご本人は

それが楽しくてやっていただけ

だったので、反響がなくとも

全然苦にはならなかったといいます。

 

2011年4月頃からは毎日、

作品の撮影・投稿をしていたそうです。

そして、投稿を始めてから

約2年ほど経った2013年に写真集

出されます。

ただ、この頃はまだ製作費が

十分になかったため、

クラウドファンディング

使って資金集めを行って出版を…

と考えていた矢先に、

ある出版社からお声がかかり、

晴れて写真集を出せた、

ということのようですよ(^-^)

 

この写真集が「ミニチュアカレンダー

というものなんだそうです。

一日ずつ、日替わりで作られている

ミニチュア写真作品です。

詳しくは後程、ご紹介しますが、

一例を挙げてみますと

 

初日の出 1月1日

出典元:http://miniature-calendar.com/

 

 

服豆と恵方巻を電車車両などに
見立てた 2月3日 節分

出典元:http://miniature-calendar.com/

 

など、食材や日用品、

そしてミニチュア人形を上手く組み合わせた

とても面白い作品ですよね(^-^)

 

 

田中達也さんは、こういった作品を

出版されるだけでなく、

展覧会やオブジェの制作なども

手掛けられているそうです。

 

ミニチュア写真家であり、

またデザイナーさんでも

あるわけですから、アートの世界には

強いこだわりをもって

ご自身の作品作りにあたっている、

ということなのでしょう。

 

そんな田中達也さん

自身の作品に込める、こだわりとは

何なのでしょうか?

それは

 

小学生でもわかるくらい
わかりやすいものを作る

 

ということなんだそうです。

 

実は田中達也さん

は以前、小学校の教諭になる夢を

持っていたそうなのですが、

その夢は叶わずデザインの世界へ。

しかし、会社の企画会議においても、

小学生がわかるくらいの説明をしないと

会社の社員は

企画にのってこない。

説得力もない。

ということに気付いたそうです。

 

これは、ミニチュア写真の作品にも

活かされているそうで、

やたらと時間をかけて

考え込んで作った作品は

イマイチ、ウケが良くないんだそうです。

 

逆にパッと見て、

それが何を表しているのかが

すぐ分かる作品ほど、

反響も多いんだそうですよ(^-^)

 

2019年1月13日(日)

23時25分から放送される

TBS[情熱大陸]に田中達也さん

が出演されますので是非、ご覧ください!

 

本サイトにも情熱大陸に過去出演された
方々の記事がありますので
是非、お読みください(^-^)

情熱大陸出演者まとめ!

 

 

 

スポンサーリンク

2.田中達也さん
(ミニチュア写真家)の
ミニチュア写真作品は?

それでは、実際に田中達也さん

制作されたミニチュア写真作品

私ケチャンの独断と偏見で選び、

ご紹介しますね(^-^)

 

 

 

 

 

 

出典元:http://miniature-calendar.com/

 

 

こちらは

トリックアートも交えた動画作品です

 


そしてこちらは

2017年に放送された

NHK朝の連続テレビ小説

「ひよっこ」で使用された

タイトルバックの作品です

 

出典元:https://www.google.co.jp/

 

非常に独特の世界観を持った

面白い作品ばかりですよね(^-^)

 

スポンサーリンク

 

3.田中達也さん
(ミニチュア写真家)と
熊本、自宅は?

プロフィールにもありますように、

田中達也さん熊本県生まれ

鹿児島育ちなんだそうです。

 

とはいえ、その生活の殆どは

鹿児島の方が長いようで、

あまり熊本についての情報は

ありませんでした。

 

でもなぜ熊本というワードでの

検索需要が多いのかな…と

不思議に感じていたところ、

あることが分かってきました。

それは

 

熊本県熊本市を拠点として

活躍している

Jリーグロアッソ熊本から

ガンバ大阪への移籍が決定し、

2019年シーズンから完全移籍する事

となった、田中達也選手のニュースが

取り上げられたことが原因ではないか?

推測しました(^^;)

 

出典元:https://www.google.co.jp/

 

全くの同姓同名だったんですね(^^;)

 

なので、ミニチュア写真家の

田中達也さんとは熊本の共通点

以外は無関係のようです。

 

田中達也選手!

ガンバ大阪でも
ガンバってください!!(;´Д`A

 

そして、ミニチュア写真家の方

田中達也さんの自宅についてですが、

自宅は、作品作りの工房も兼ねているそうで、

こちらは地元の鹿児島にあるそうです。

 

ただ、どんなご自宅なのかは

わかりませんでした。

自宅と職場が一緒だと通勤も不要で、

いつでも仕事に取り掛かれるので

何かと便利そうですよね(^-^)

 

 

スポンサーリンク

 

4.田中達也さん
(ミニチュア写真家)の
使用カメラと作品の作り方は?

とてもユニークな作品を次々と

生み出している田中達也さん。

そこで私ケチャンが気になったのは、

使用されているカメラの機材や

作品の作り方ってどんなんだろう?

ということでした。

 

まず使用されているカメラの機種ですが、

デジタル一眼レフカメラ

SONYの α(アルファ)シリーズ

を主に使用されているようです。

 

機種名:α7RⅡ

 

Eマウント用レンズ SEL50M28

 

Eマウント用レンズSEL90M28G

出典元:https://www.sony.jp/

 

田中達也さん曰く、

SONYの α(アルファ)シリーズ

輪郭がシャープに際立つところは

シャープに、ぼやけるところは

しっかりとぼやける、そうで

自分の求めるものにリニアに

対応してくれる点が

お気に入りなんだそうです。

 

ちなみに、田中達也さんのアトリエ

の様子はこんな感じだそうですよ

 

出典元:https://www.sony.jp/

 

田中達也さんが使用している

ミニチュアの多くは、

ネットで購入するそうで、

それをご自身で色付けされて

作品に織り込むそうです。

 

食品もほとんどはサンプルを

使用されているようですね(^-^)

 

最後に、アトリエでの創作風景も

わかる動画が公開されていましたので

ご紹介しますね(^-^)

 

 

作品を仕上げるまでには

最低でも2時間くらいは

かけているそうです。

簡単に作っているように見えても、

実はとても手間と根気のいる作業

なのですね(^^;)

 

スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

今回は、ミニチュア写真家という

普段あまり馴染みのない職業である

田中達也さんを調べてみました。

 

田中達也さんの作品が世に知れ渡り、

有名になるまでは、簡単ではなかった

ようですが、その根底にあるのは

興味と関心、そして常に自分を変えて

どんなことにも挑戦していく行動力

なのではないか?と感じました。

これから生み出される新たな作品にも

期待大ですね(^-^)

 

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください