池田陽子(サバジェンヌ)をwiki風に!結婚はしてる?おすすめのサバが美味しい店は?【マツコの知らない世界】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

無類のサバ好きが高じて、自らを

サバジェンヌ」と呼ぶ、池田陽子さんを

ご存じでしょうか?

今回は池田陽子さんのwiki風プロフや

結婚、また池田陽子さんがおすすめする

サバの美味しいお店などを調べてみました。

では行きましょう!

スポンサーリンク

もくじ

1.池田陽子(サバジェンヌ)のwiki風プロフィール

2.池田陽子(サバジェンヌ)は結婚してるの?

3.池田陽子(サバジェンヌ)がおすすめするサバの美味しいお店とは?

1.池田陽子(サバジェンヌ)のwiki風プロフィール

出典元:https://goo.gl/5Qpcd7

■氏名:池田陽子(いけだ ようこ)
■出身地:宮崎県※大阪育ち
■年齢:アラフォー(正確な年齢は非公開)

■学 歴:立教大学卒業
■職業:薬膳アテンダント(詳細は下記に記載)
■趣味:大衆酒場巡り、鉄道旅(乗り鉄)

   

【主な経歴】

立教大学を卒業後、出版社にて雑誌編集者として、

女性誌やムック、機内誌などの編集を手掛ける。

池田陽子さんは数々の取材を通して、

「身体と心の不調は食事で改善できるのでは?」

という疑問から、国立北京中医薬大学日本校に入学。

同校で「国際中医薬膳師」という資格を取得。

薬膳を自身の体に取り入れることで

体調の改善や、美容効果があった経験をふまえて、

普段の暮らしの中で手軽に取り入れられる

薬膳の提案や、漢方の知恵をいかした

アドバイスを行なう「薬膳アテンダント」

として、講習会や執筆などを行っておられます。

また、日々のゆるすぎる薬膳生活(ゆる薬膳)

をつづったブログも人気です。

【著書】「ゆる薬膳。」(日本文芸社)

    「缶詰deゆる薬膳。」(宝島社)

池田陽子さんは日本各地の食材を

薬膳的観点から紹介する活動もされておられます。

また、サバをこよなく愛し、日本全国や世界のサバ、

サバ料理やサバ缶を楽しんでおり、

サバ文化やサバカルチャーを発信。

「全日本さば連合会」にて

サバジェンヌ」としても活動中です。

どんだけサバ好きなんでしょうか(笑)

でも、薬膳による美容効果を感じたという

だけあって、お写真をみていただくと

おわかりの通り、おキレイだと思いませんか?

食の効果については、摂り入れる食材による

カラダへの影響は大きいと、聞いたことがあり、

私ケチャンも池田陽子さんと同じアラフォーですし、

カラダ・健康についての情報は、

とても関心があります。

池田陽子さん曰く

中医学(中国の医学)では昔から

「食事で体調を調える」という考え方があります。

食材ひとつひとつには、すべて身体に及ぼす作用

があり、それを考えて季節や体調、体質に合わせて

必要な食材をとることで身体の不調を改善、

元気で美しくなれるのです。

ようは、大切なのは「賢く食べる」こと。

日々の生活で「どれだけ自分に必要な食材を

突っ込めるか」が勝負。

わたしはどんな忙しいひとでもできる

「中医学の理論にのっとりながらも、

てっとり早く実践できる」薬膳的食養生を

「ゆる薬膳。」として提案しています。

スーパーの食材でもOK、外食でもOK、

コンビニのお惣菜や缶詰でもOK!

そんな日々の「ゆる薬膳。」的生活のなかで、

とくに美容に効果的な食材や料理のご紹介をいたします。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gp/1538/profile/

だそうです。

ゆる薬膳。ちょっと試してみようかな‥‥

スポンサーリンク

2.池田陽子(サバジェンヌ)は結婚してるの?

池田陽子さんの結婚については、

出版されている書籍なども含めて

色々と調べてみたのですが、

残念ながらその情報を知ることは

できませんでした。

池田陽子さんは、どうやらプライベートな

部分は一切公開しない方のようです。

ご両親などの情報も一切出てこないため、

仮にご結婚されていても、今までも

これからも公開はしないでしょう。

もし、運良くそいういった情報が掴めましたら

追記しますね。

3.池田陽子(サバジェンヌ)がおすすめするサバの美味しい
お店とは?

さて、では実際にサバジェンヌこと池田陽子さんが

おすすめする、美味しいサバ料理が食べられる

お店をいくつかご紹介します。

①東京/北千住『炭火焼ごっつり』

  • 住所:東京都足立区千住2-31 白石ビル2F
  • TEL:03-5244-1696
  • 営業時間:平日 17:00~24:00(年中無休)

http://www.gottsuri.net/

「銀鯖の棒寿司」(1本1180円、半分620円)

出典元:http://otonano-shumatsu.com/column_list/sabasienne.html

この「炭火焼ごっつり」さんは青森の

特産品を使った食材の料理を楽しめるとの事で、

「八戸前沖サバ」以外にも

シャモロックなども味わえるそうです。

②鳥取市『スーパー居酒屋 鳥取だいぜん』

  • 鳥取県鳥取市栄町715番地
  • TEL:0857-27-6574
  • 営業時間:11時~15時/17時~24時

http://www.tottori-daizen.com/

「たっぷり大根おろしで食べる塩鯖丼」(864円)

出典元:http://otonano-shumatsu.com/column_list/sabasienne.html

下にあるご飯は、鳥取の特産品でもある、

らっきょうを刻んで塩昆布と一緒に

混ぜ混んであるそうです。

サバ好きにはたまらないですね!

他にも、池田陽子さんがおすすめする

サバ料理の美味しいお店が

こちらで紹介されていますので、

良ければ参考にしてみてください。

最後に

いかがだったでしょうか?

サバジェンヌ・薬膳アテンダント

である池田陽子さん。

「食」は健康や美容を追求するだけでなく、

人との交流やコミュニケーションも

はかることもできる、とても素晴らしいもの

であると仰います。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする