清水翔太がツイッターに上げた曲がヤバイ!名曲です!【Twitter】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

少し前ですが、音楽アーティストの

清水翔太さんが自身のツイッターに上げた曲が

ヤバイくらい良い曲なのです。

たまたま見つけて、とても良い曲なので

思わず記事にしてみました。

スポンサーリンク

かなり良い曲だと思うのはケチャンだけ

でしょうか?

まずはその曲をお聴き下さい。

下記リンクをクリックして下さい。

【i’m in love with you / 清水翔太】

(※曲は前半と後半に分かれています。全体を通して1番のみです)

【前半】

【後半】(少しボーカルとコーラスをアレンジしているようですね。

最後の方で清水さんが茶目っ気たっぷりな表情を一瞬みせます)

引用元:https://twitter.com/sshota0227

どうですか?ケチャンはとても良い曲だな~と

思わず聴き惚れてしまいました。

しかし、清水翔太さん本人はイマイチ納得していないようです。

上記の前半の動画を貼り付けた際のツイートがこちらです

※引用元:https://twitter.com/sshota0227

「嫌いじゃないけど、変な曲ww」と仰っていますね。

でも、これってご本人が描いていたイメージと違ったという事であって

アレンジしたり、聴いた側の反応によって変わってくるものでもあるのしょう。

その証拠に後半の動画をアップした際には、

前半の動画をみて絶賛するユーザー達の言葉を受けて

以下のようにツイートが変化しています。

清水翔太さん。カップリングでも、アルバムタイトルにでも

構わないので、是非、発売して素晴らしいこの曲を

ファンの皆さんの耳に届けてください!

スポンサーリンク

清水翔太さんのプロフィールと、ケチャン的考察

【プロフィール】

氏名:清水翔太(しみず しょうた)

生年月日:1989年2月27日(28歳)

出身地:大阪府八尾市

職業:シンガーソングライター

ジャンル:JーPOP、R&B、ソウル

【主な経歴】

2~3歳の頃から、カラオケ店を営んでいた祖母の店でカラオケを歌う。

中学時代は学校に馴染めず、ひきこもりをしていた時期もあったが、

当時、動画配信チャンネルで歌を披露し、一部のユーザーから人気を得ていた。

中学卒業後、地元大阪の音楽学校「キャレス大阪校」でゴスペルを学ぶ

この頃から、ソウルミュージックに魅せられ、作詞、作曲、アレンジを

行うようになる。

2006年:全国ボーカリストオーディション「REAL STREET PROJECT」

にヴォーカリスト/ダンサー部門で参加しトップ10ファイナリストまで残る

その後、ソニー・ミュージックレコーズとアーティスト契約を締結。

2007年9月発売のセリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバム

『セリーヌ・ディオン・トリビュート』にも参加

同年11月:アメリカ合衆国ニューヨークにあるアポロ・シアターの

「アマチュアナイト」に平成生まれの日本人として初出場を果たす。

【ケチャン的考察】

アーティストと呼ばれる人はやはり、

常人とは違った感性や感覚を持っている人が多く、

それゆえに人からみれば「天才」と思える存在になるわけですよね。

清水翔太さんもそんな「天才」の一人です。

少年時代に学校に馴染めなかったことで

ひきこもってしまった事があったそうですが、

それこそ、人とは違った感性を持っていて、

常人との差があるがために、きっと清水さんも

苦悩した日々を送ったのだろうと思います。

でも、そんな過去があっても、今こうして

一流アーティストとして精力的に活躍されています。

ケチャンもその昔、音楽にのめりこんでいた時期があり、

自分で曲を作った経験もあるのですが、

自分が生み出した曲(作品)というのはどれも

大事で、決して捨てても良い物など一つもありません。

今回ご紹介した曲も、清水さんの中で描き、

作り出した大事な大事な曲でしょうから、

きっと何らかの形で世に送り出してくれることでしょう。

ケチャンはそれを強く願います。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、ありがとうございました。

コメントも随時お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする