インターステラテクノロジズ とは?年収や社長や株価がヤバイ!【民間ロケット初成功】

この記事では

インターステラテクノロジズのチェックポイント!

 

1.インターステラテクノロジズって
どんな会社?

 

2.インターステラテクノロジズ
社員の年収や給料ってどれくらい?

 

3.インターステラテクノロジズ
社長ってどんな人?

 

4.インターステラテクノロジズ
株価がヤバイ!?

 

5.まとめ

について紹介しています(^-^)

 

​こんにちは。ケチャンです(^-^)

サイトにお越しいただき、

ありがとうございます。

 

令和元年である2019年、5月4日

嬉しいニュースが入りました。

民間初の宇宙ロケット
「MOMO(モモ)3号」が打ち上げに成功。

初めて民間ロケットが

宇宙空間に届いたのです(^-^)

そのロケットを作ったのは

インターステラテクノロジズ株式会社(*´∇`)ノ

 

この記事では、そんな

インターステラテクノロジズ株式会社

について、なるべく分かりやすく

紹介してみました(^-^)

 

スポンサーリンク

1.インターステラ
テクノロジズ
って
どんな会社?

出典元:https://www.google.co.jp/

 

北海道大樹町(たいきちょう)を拠点に、

液体型燃料を使ったロケット開発

行っている

インターステラテクノロジズ。

出典元:https://www.google.co.jp/

 

過去2回、宇宙空間への打ち上げ実験に

挑むも、失敗に終わっています。

スタートは
アパートの風呂場から??

このインターステラテクノロジズ

誕生意外な場所でした。

それは社員のアパートのお風呂。

 

1997年

全国の宇宙大好き人間達が結集し、

民間初の小型ロケット打ち上げを

成功させるべく、検討がスタート(*´∇`)ノ

当初の社名はSNS株式会社

 

しかし、当初はまだ

実験を十分に行える場所がなかったため、

なんと、

社員さんのアパートのお風呂場を使って

ロケットエンジンの燃焼実験を

行っていたそうです(^^;)

 

その後、拠点を千葉県に移し

試行錯誤の末、だんだんと

小型ロケット用のエンジン燃焼実験に

成功を重ねて行きます(*´∇`)ノ

 

2011年

実験に成功し、さらに性能を増した

エンジンを使い、

初号機ロケット「はるいちばん」、

2号機「なつまつり」、

3号機「ゆきあかり」、

4号機「いちご」

打ち上げに次々と成功(*´∇`)ノ

(高度は最高で1500mに到達)

 

2013年

再び活動の拠点を北海道大樹町へと

移し、社名も現在の

インターステラテクノロジズ株式会社

へ変更。

 

その後、5号機「ひなまつり」

6号機「すずかぜ」

7号機「ポッキーロケット
(初の商業ロケット)」

の打ち上げ実験を行い、精度を高めていく。

地球から宇宙へ!

2014年

高度100㎞(=宇宙空間)へ到達する

小型ロケットの開発をスタート(*´∇`)ノ

100㎞の意味を込めて、漢字表記の「

になぞらえ、

ロケット名をMOMO(百)と命名

 

2017年

8号機MOMO初号機」の打ち上げ実験に

部分的に成功

(推定高度 約20㎞)

 

2018年

9号機MOMO 2号機」の打ち上げ実験に

失敗…

(打ち上げ後、約4秒で落下。
推定高度20m)

 

2019年5月4日

10号機MOMO 3号機」

打ち上げ実験に大成功!\(o´▽`o)/

民間開発ロケット初の宇宙空間に到達

(推定高度 約110㎞)

※全長約10メートル・直径約50センチ・
重さ約1トン

社屋はどんな感じ?

民間ロケット初の宇宙到達という

偉業を成し遂げた

インターステラテクノロジズ

という会社って、一体どんな社屋なのか?

ちょっと気になりませんか?(^-^)

 

では早速、ご覧頂きましょう。

こちらです!

 

 

 

 

出典元:https://www.google.co.jp/

 

(;゚Д゚) え…??

と思った方も多いことでしょう。

そしてあのアメリカ航空宇宙局

NASA(ナサ

出典元:https://www.google.co.jp/

のようなイメージを持っていた方も

多いかと思います。

 

インターステラテクノロジズ株式会社

社員さんは約20名。

大企業からの中途採用者が多く、

エンジニアなどの開発者の他、

中には、作家、漫画家、ジャーナリスト

といった方々もいるそうです。

 

資本金も2019年5月時点で

わずか9,000万円程度。

決して大きな会社とは言えません。

しかも、ロケット1機を飛ばすのに

かかる費用は、およそ3,000万円

 

それ以外の実験費用や社員の給料、

経費などを含めれば、とても余裕がない

くらいの規模の会社なのです。

設立はホリエモンこと
堀江貴文さん

出典元:https://www.google.co.jp/

 

2005年に、当時ライブドアの社長だった

堀江貴文さんがファウンダーとして

出資し、インターステラテクノロジズ

注目を集め始めました。

 

中央が堀江さん

出典元:https://www.google.co.jp/

 

ただ、インターステラテクノロジズ

NASAのような、国が莫大な資金を投入して

行うものとは違い、

超小型のロケット開発に力を注ぎ、

世界最低性能

を掲げている会社です。

 

できるだけコストを下げ、安い費用で

ロケットを宇宙へ飛ばし、将来的には

小型の人工衛星や太陽光パネルなどを

打ち上げることを目標にしています。

 

そのため、開発にかける費用には

堀江さんの出資だけでなく、

興味を持った企業スポンサーからの

投資、また、クラウドファンディングを

使って資金調達

行っているそうです(^-^)

 

DMMドットコムもスポンサーに

出典元:https://www.google.co.jp/

 

では、記念すべき民間初の

宇宙ロケット打ち上げ成功の瞬間

ご覧ください(^-^)

 

こちらは100㎞到達時点、
社員さんたちの喜びの映像です(^-^)

 

何度も失敗を繰り返しながらの成功。

堀江さんの喜び方がハンパないですね(^-^)

 

日本初の月面探査レースに挑んだ

HAKUTOの記事も人気です(^-^)

 

2.インターステラ
テクノロジズ
社員の年収や
給料ってどれくらい?

今回、民間企業として初めて、

宇宙空間へのロケット打ち上げを成功させた

インターステラテクノロジズ株式会社。

 

下世話な話ですが、

ちょっと気になるのは

そこで働く社員さんたちの年収や給与が

どれくらいなのか?ということでした(^-^)

 

ちなみに先ほど例に挙げた、

NASAの職員の年収って

どれくらいかご存知でしょうか?

開発者クラスですと、

1,000万円前後なのだそうです。

意外と低い給与だと感じました(^^;)

 

では、気になる

インターステラテクノロジズの社員さん

の年収は?

 

すみません。情報がないので

よくわかりませんでした m(__)m

 

ただ、先ほどにも書いたように、

インターステラテクノロジズ

それほど大きな会社ではなく、

規模から見れば、開発費用には

それなりの大きな金額をかけています。

 

また、社員さんたちも叶えたい夢の為に

力を注いているので、決して

高い給与の為に働いているのではない

でしょう(と思います)

 

ひょっとすると、

一般的な中小企業の社員さんよりも

少ない年収なのかもしれないですね(;´Д`A

出典元:https://www.google.co.jp/

 

3.インターステラ
テクノロジズ

社長ってどんな人?

出典元:https://www.google.co.jp/

 

宇宙ロケット開発に日々挑み続けている

インターステラテクノロジズ

代表取締役社長、

稲川貴大(いながわたかひろ)さん

ご存知でしたでしょうか?

名前:稲川貴大(いながわ たかひろ)

 

生誕:1987年

 

年齢31~32歳 ※2019年5月時点

 

出身地:埼玉県 越谷市

 

現住地:埼玉県さいたま市

 

血液型:A型

 

★学歴:埼玉県立浦和高等学校 卒業
東京工業大学 機械物理工学専攻⇒

東京工業大学大学院 機械物理工学 卒業

 

★仕事をする上で大切な事:
しっかり考え、すぐ手を動かす。

 

★座右の銘:
「地球は人類のゆりかごである。
しかし人類はいつまでもこのゆりかごに
留まってはいないだろう」
(ツィオルコフスキー
/ロシアのロケット科学者)

意外にも
宇宙への興味は遅かった

学生時代、宇宙に対する興味は殆どなく、

むしろモノ作りに強い興味があったそうで、

レーザー加工の研究をされていたそうです。

 

また、大学1年から3年までは、

あの「鳥人間コンテスト」に挑戦。

出典元:https://www.google.co.jp/

 

大学3年で引退した後、

北海道大学の永田晴紀教授の論文や記事に

書かれていた、

学生が作り、飛ばせるロケット

があることを知る。

 

そこからロケットに対する興味が強くなり

大学院卒業後は、現在の

インターステラテクノロジズ株式会社

に就職。

 

当初はまだ社長さんが一人しかいない

小さな会社だったそうです。

新卒社員として入社した1年後

当時の社長が体調を崩してしまったため、

いきなり社長に就任。そこから

現在までに至る、ということのようです(^-^)

 

元々、モノ作りという分野に

興味があったとはいえ、

宇宙という畑違いの世界に

足を踏み入れた時から、現在までの苦労は

並大抵のものではなかったと思います。

 

こちらに

稲川貴大(いながわたかひろ)さん

とても印象的な言葉がありますので

ご紹介します。

現代というのはもはや
「大企業にいるから安心だ」などという
時代ではありません。それよりも
自分に「何ができるか」、
自分が「何をしたいか」
を中心に考えました。

インターステラテクノロジズ株式会社

が設立され、堀江貴文さんが

宇宙開発に乗り出したことが発表された時、

当時、多くの人は

そんなものはうまくいくはずがない

と、バカにしたそうです。

 

しかし、そんな中でも

稲川貴大さんを始め、堀江さん、

社員さんたちは決して諦めずに

取り組み続けた結果、

今日まで到達したわけです。

 

本当にやりたいことを地道に

追い続けることの

大切さと重みを知りました(^-^)

 

スポンサーリンク

4.インターステラ
テクノロジズ

株価がヤバイ!?

出典元:https://www.google.co.jp/

 

今回の打ち上げ成功のニュースを受けて

思わず

インターステラテクノロジズ株式会社

株価がどれだけ上がるのか?

と気になった方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか?(^-^)

 

私も気になったので早速

インターステラテクノロジズ株式会社

の株価をチェック!してみたのですが…

どうやら

インターステラテクノロジズ株式会社

非上場企業のようなので、

一般的な証券会社では株を買えない

ようなのです

(恐らく大株主は堀江さんだと思います)

 

もしこちらの株を買いたければ、

持ってる人を見つけて

売ってもらうしかないようです…
※間違っていたらすみません

まあ、この状況で

インターステラテクノロジズ株式会社

の株を手放す人は

少ないかとは思いますけどね…(^^;)

 

ただ、今回の打ち上げ成功を受けて

新たに多くの企業が出資をすることが

予想されるので

今後、大きな企業へと発展する可能性は

きわめて高いと思われます。

今後の動向に注視して行きたいと

思います(*´∇`)ノ

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、

民間初の宇宙ロケット
「MOMO(モモ)3号】の打ち上げに成功

された

インターステラテクノロジズ株式会社

を調べてみました。

 

この成功を元に、さらにこれから

宇宙関連のビジネスが大きく

発展していくことは間違いないと思います。

 

近い将来、宇宙がより多くの人の

身近な存在となる日は

そう遠くないのかもしれませんね(^-^)

 

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください