NakamuraEmi(なかむらえみ)の音楽、世界観が凄い!

スポンサーリンク

出典元:http://el-solitario.com/musician/4420/

みなさん、こんにちは。ケチャンです

さて、今回は音楽関連の情報として

前回取り上げた朝倉さやさんに続き、

ケチャンが好きなアーティストさんを取り上げます。

NakamuraEmi(なかむらえみ)さん、ご存知でしょうか?

2016年、有線やYouTubeで話題となり、

ご存じな方も多いかもしれません。

ケチャンもYouTubeで初めてMVを視聴した時、

「むむ!これは凄い!音楽性や世界観が素晴らしい!」

と思いました。

まずは先に彼女の音楽をご紹介します。

「Don’t」

この曲はTOKYO MX・YTV等で

2017年4月~2017年6月中頃まで放送されていた

「アニメ 笑ゥせぇるすまんNEW」の主題歌で使われていました

いかがでしょうか?軽快なリズムと

HIPHOPとR&Bを融合させたような、

メッセージ性の強さもある聴きやすい

曲だと思います。

スポンサーリンク

NakamuraEmi(なかむらえみ)プロフィール

本名:中村 絵美(なかむら えみ)

生年月日:1982年3月15日(35歳)

出身地:神奈川県厚木市

身長148cm

音楽のジャンル:J-POP・HIPHOP

活動時期:2007年(※中村 絵美として音楽活動開始)

2011年「NakamuraEmi」のアーティスト名へ変更

メジャーデビュー:2016年1月(34歳)~

アルバムNIPPINNO ONNAWO UTAU BEST」でメジャーデビュー。

NakamuraEmi さんは短大を卒業後、保育士をしながら

「中村絵美」名で音楽活動を始められました。その間、

自動車メーカーでエンジニアとして働いたり、

その他の色々な仕事を経験して、最終的にミュージシャンと

なった、異色のシンガーソングライターです。

身長が148センチと、とても小柄な方ですが

その小さな体から繰り出される、パワフルな歌声を

初めて聞いたとき、ケチャンはド肝を抜かれました!(‘Д’)

音楽の趣向、意外な過去あり

まずはコチラの曲をお聴きください

「メジャーデビュー(Studio Session)」

※一緒にセッションしているギターを弾く男性は

プロデューサー、ギタリストのカワムラ ヒロシさんです

いかがでしょうか?

これはかっこいい!と素直にケチャンは感じました

NakamuraEmiさんとカワムラさんのギターの

相性もバッチリだと思います。

【音楽性】

NakamuraEmiさんが音楽活動をし始めた頃、

自身の曲は現在のようなメッセージ性の強い曲よりも

むしろ、バラードっぽい「聴かせる」曲が多かったそうです。

2011年(29歳)頃、ライブハウスやカフェで歌っている中で

たまたま出会ったHIPHOPやジャズに強い影響を受け、

さらにはミュージシャンの「竹原ピストルさんのライブを

観たことでとても大きな影響を受けたことが

彼女の音楽性を変えていったとのこと。

【意外な過去】

まずはプロフィールにもあるように。NakamuraEmiさんは

元保育士、自動車メーカーのエンジニアという経歴があります。

そして、上記の音楽性の項目にもあるように、

29歳頃にたまたまHIPHOPやジャズを

聴いて強い影響を受けたことで

音楽性が大きく変わったということ。

そして、最大の意外な過去としては

彼女はそもそも、プロのミュージシャンになる気はなかった

ということなのです。

ライブハウスで歌っていた頃、

音楽は将来、おばあちゃんになっても歌っていければ良いなぁ

程度にとらえており、当時付き合っていた彼氏と

結婚を考えていたそうです。

プロになる!という気持ちに切りかわったきっかけは

自身のライブの宣伝をブログでしていた時、

彼女の歌を聴いて「月曜日は必ずこの曲を聴くよ」とか

「今日フラれたけど、この曲を聴いて元気づけられた」など、

自分の経験が誰かの為になっている状況がある

ということに気づいた時だったそうです。

また、NakamuraEmiさんは自身の以前の音楽は

キレイな言葉を並べたり、どこからか借りてきたような

耳障りの良い言葉を使って曲を作る事が多かった

そうなのですが、そういったことには強い抵抗があり、

その後はもっと自分が感じている事、思っていることを

ストレートに伝えたい、という気持ちに変わったといいます。

スポンサーリンク

自身の性格について

NakamuraEmiさんは自身の性格はどちらかというと

マイナス思考であり、上記で紹介した「メジャーデビュー」

の曲中にもあるように、「何をやるにも時間がかかる」んだそうです。

文章を書くのも下手だし、話も得意ではない。

色々とひとりで考え込んでしまうタイプだそうです。

そんな不器用でスマートに表現できないことは

「音楽」という形で表現するしかないとのこと。

過去の自分は、一人で色々と考えて行動することが

多かったそうです。しかし、最近は周りの人のサポート

があることでより良い作品を作れるようになっり、

「みんなで創っていく」ことの素晴らしさを痛感したと

仰っています。

今後の曲作りと、まとめ

メジャーデビューをしたのが2016年(34歳)と

この業界では遅咲きです。

でも、彼女はそういったことに負い目を感じることなく

「自分はこうなんだ」という率直な気持ちをウソ偽りなく

表現し、自分への応援歌を作ることに徹しているだけだと言います。

メジャーデビューをしたことで、これから全国各地を

回り、その中で、自分の曲を聴いてくれた人から返って来る

言葉を今後の曲作りに生かしたいとの事です。

プロになって自分の歌を人に聴いてもらうようになって

とても大きな世界を経験することができるようになった。

彼女の曲「メジャーデビュー」の最終歌詞

にもあるように今後も自分に対して

「ブレんじゃねーぞ!」と言い聞かせて、

今後は更に良い曲を世に送り出してくれる

ことだろうと思います。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き

ありがとうございました。

運営者 ケチャン m(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする