藤重佳久のプロフや学歴や実績は?演奏楽器や妻が気になる!【プロフェッショナル】

こんにちは。ケチャンです。

3月26日(月)22時00分~22時50分

NHK総合のプロフェッショナル

吹奏楽部音楽監督の藤重佳久

(ふじしげよしひさ)さんが出演されます。

今回は藤重佳久さんのプロフや学歴や実績

また演奏していた楽器や妻についても

調べてみました。

スポンサーリンク

藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんのチェックポイント!

1.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんのプロフや学歴は?

2.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんの実績や演奏楽器は?

3.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんの妻は?

1.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんのプロフや学歴は?

出典元:https://goo.gl/C1DvKA

名前:藤重佳久(ふじしげ よしひさ)

生まれ年:1956年

年齢:62歳くらい ※2018年3月時点

出身地:福岡県久留米市

血液型:A型

学歴:福岡大学附属大濠高等学校 卒業
   武蔵野音楽大学音楽学部器楽科 卒業

福岡大学附属大濠高等学校は吹奏楽が強い

高校のようで、卒業生はその後、海外に

渡って、音楽の道へ進まれる方が多い

ようです。

大学は武蔵野音楽大学音楽学部を専攻し、

音楽の道を進むための進学をされたようですが、

福岡大学付属の高校からなぜ、こちらの

大学に進まれたのか、は不明です(^^;

【主な経歴】

藤重佳久先生は、中学生になってから

吹奏楽を始められたそうですが、

それほど熱心に取り組んではいなかった

そうです。

福岡大付属大濠高校に進学し、同じく吹奏楽部

へ入部。

1年生の時に担当した楽器がホルンだった

のですが、出場した「全日本吹奏楽コンクール」

において、自分たちの演奏にとても感動したことが

吹奏楽にのめり込むきっかけだったそうです。

それからは音楽の世界で生きていこうと

決心し、武蔵野音大音楽学部器楽科に進学され

さらに演奏に磨きをかけて行ったそうです。

大学卒業後は、名門「東京シティ・フィル

ハーモニック管弦楽団」に入団し、

ホルン奏者となられます。

一見すると、順風満帆な音楽生活でしたが、

周りの演奏家たちは、子供の頃から英才教育を

受け、才能もある強者ばかり。そんな中で互角に

渡り合う自信を段々と失くしていったそうです。

そのころ、高校時代の恩師から精華女子高校の

吹奏楽部の監督依頼が舞い込みます。

藤重佳久先生はこれを快諾し同校吹奏楽部の

監督となられました。

しかし、赴任した1980年、同校の吹奏楽部の

部員はたったの5人しかおらず、基礎練習を

徹底的に教え込んでも生徒は誰もついて来なかった

そうです。自分が教わった方法では今の子供には

通用しないことを痛感したそうです。

しかし、藤重佳久先生に転機が訪れます。

1988年にマーチングの講習会を受けたことで、

「わかりやすく楽しく、目標を共有する」

という方法論を取り入れて、部員へ実施した

ところ、段々とついてくる生徒が増えた

そうです。

その2年後には、全日本吹奏楽コンクールへ

初出場し、更に強豪校を研究して優勝圏内まで

辿り着くほどに成長したそうです。

しかし、2000年頃には、強豪校を研究し、

同じ曲を同じように演奏する、というやり方を

辞められます。その理由は

まね事では本物を越えることはできない。

自分たちに合った曲や、やりたい曲をやろう。

という考え方に変更し、精華女子高校独自の

サウンドを作り上げていったそうです。

その甲斐もあって、精華女子高校は何度も

全日本吹奏楽コンクールに出場し、金賞を受賞。

また、海外大会では世界一にも輝いています。

2015年には精華女子高校を退職し、

活水中学校・高等学校へ赴任され、

僅か5ヶ月で全日本吹奏楽コンクールへ出場。

また、九州吹奏楽コンクールでは金賞を受賞。

現在も強豪校としての地位を築き上げ、

熱心な指導者としてご活躍されています。

藤重佳久先生の指導は時に厳しく、時に

優しく。そして一方的な指導ではなくて、

生徒一人一人が主体となって、自分たちの

音楽を作り上げていくように導いてい

いるんだそうです。

他と似たようなキレイで整った音楽ではなく

、独自の音楽にこだわる、という姿勢が

今までの、そして現在の吹奏楽部の姿を

表わしているわけですね(^-^)

スポンサーリンク

2.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんの実績や演奏楽器は?

藤重佳久先生がこれまで指導してきた

吹奏楽部の実績は以下の通りです。

【精華女子高校吹奏楽部】

1988年:東南アジア吹奏楽指導者協会
チェンマイ総会記念演奏会出演

1999年:世界マーチングバンド大会
(オーストラリア/シドニー)出場
ワールドチャンピオン受賞

2004年:第32回マーチングバンドバトン
トワリング全国大会(カラーガード)

出場 金賞・最優秀賞受賞

2006年:ローズパレード(アメリカ)出場

2010年:上海万博パレード出場
ミッドウエストバンドクリニック
(シカゴ)出演

引用元:http://seikabrass-wmb.wixsite.com/seikabrass

【活水高等学校】

2015年度
第60回長崎県吹奏楽コンクール 金賞受賞(県代表)
第59回九州吹奏楽コンクール 金賞受賞(九州代表)
第28回長崎県マーチングコンテスト 金賞受賞(県代表)
第33回九州マーチングコンテスト 金賞受賞
第63回全日本吹奏楽コンクール 銅賞受賞

2016年度
第61回長崎県吹奏楽コンクール 金賞受賞(県代表)
第60回九州吹奏楽コンクール 金賞受賞
第29回長崎県マーチングコンテスト 金賞受賞(県代表)
第34回九州マーチングコンテスト 金賞受賞
第44回マーチングバンド全国大会九州予選 一般の部(代表)
第44回マーチングバンド全国大会 一般の部 初出場 銀賞

2017年度
第62回長崎県吹奏楽コンクール 金賞受賞(県代表)
第61回九州吹奏楽コンクール 金賞受賞
第30回長崎県マーチングコンテスト 金賞受賞(県代表)
第35回九州マーチングコンテスト 金賞受賞代表
第30回全日本マーチングコンテスト初出場 銀賞
第45回マーチングバンド全国大会九州予選 一般の部(代表)
第45回マーチングバンド全国大会 一般の部 銅賞
第44回長崎県アンサンブルコンテスト 県大会 中学の部、高校の部 金賞代表
第43回九州アンサンブルコンテスト 初出場

引用元:http://kwassui-brass.jp/sample-page/

という輝かしい実績をお持ちです。

藤重佳久先生の指導されている活水高校吹奏楽部

では、朝と夕方合わせて毎日4時間半の練習を

しているそうで、休日も返上してほぼ毎日、

練習につきあっておられるとのこと。

生徒も決して「やらされている」などといった

ことではなく、むしろ休みなく参加している

藤重佳久先生のほうが大変なくらいなんだとか

(^^;

【藤重佳久先生の演奏楽器は?】

※記述が前後してしまいましたが、

藤重佳久先生の演奏されていた楽器は

ホルンです

出典元:https://goo.gl/vYcHKM

スポンサーリンク

3.藤重佳久(吹奏楽部音楽監督)さんの妻は?

藤重佳久先生はすでにご結婚されている

ようです。

どんな奥さん(妻)なのか気になり、

調べてみたところ、どうやら一般の方のようで

写真やプロフィールなどの詳細は一切

わかりませんでした。

【追記】

プロフェッショナルの番組にて、

妻の由美子さんが出演されていました。

音大時代の同級生だそうでで、

現在はピアノ講師をされていることが

わかりました。(^-^)

最後に

いかがだったでしょうか?

独自の指導方法で次々と教え子たちを

檜舞台へと導いている、藤重佳久先生を

今回は調べてみました。

冒頭でもお伝えした通り、

3月26日(月)22時00分~22時50分

NHK総合のプロフェッショナル

に藤重佳久先生が出演されますので、

是非、ご覧ください。

また、当ブログでは、過去プロフェッショナルに

出演された方々の記事もありますので、

良ければ併せてお読み頂けると幸いです。

●プロフェッショナル過去記事はコチラ!

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。コメントも随時

お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする