仲田晃司のワインの味や値段や、おすすめは?漫画「神の雫」やプロフについても!【プロフェッショナル】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

2018年1月8日(月)22時からNHK総合で

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に

ワイン醸造家仲田晃司(なかだこうじ)さん

が出演されました。仲田晃司さんのプロフ

ご自身の作るワイン値段おすすめ

またご自身が漫画になった「神の雫」について

も調べてみました。

スポンサーリンク

  仲田晃司さんのチェックポイント!

1.仲田晃司さんのプロフ!

2.仲田晃司さんの作るワインの味や値段やおすすめは?

3.仲田晃司さんが漫画になった「神の雫」とは?

1.仲田晃司さんのプロフ!

出典元:https://goo.gl/p7KDuM

氏名:仲田晃司(なかだ こうじ)

生まれ年:1972年

年齢:45歳前後※2018年1月時点

出身地:岡山県高梁(たかはし)市

職業:ワイン醸造家

【主な経歴】

高校まで地元の岡山県で過ごされ、大学進学

と同時に上京されたそうですね。

その当時、フランス料理店でアルバイトとして

働いたのがワインとの出会いだったそうです。

大学卒業した後も仲田晃司さんは、しばらく

そのフランス料理店で働いて、さらにワインの

奥深さを知ったそうです。

1995年(23歳頃)に、フランスの

ボルドー(西部)とブルゴーニュ(東部)の

ワイン生産家の下で3ヶ月間実地研修をされた

そうです。その後、一旦日本に帰国しますが、

この研修で得た一番の収穫は「一番自分の舌に

ピタリとはまった」ブルゴーニュのワイン

だと知った事だったそうです。

1999年にはフランスのボーヌの学校で

ワイン醸造に関する学位を取得され、卒業後

の2000年。現在のワイナリー会社

「メゾン・ルーデュモン」を設立されます。

「ルー」という社名は、仲田晃司さんがお世話

になった友人の娘さんの名前だそうで、

「デュモン=DUMONT」は、山の意味。

故郷の岡山県高梁市にある「備中松山城」の

「山」をイメージしたそうです。

2003年、ジュヴレイ・シャンベルタン

(フランスのブルゴーニュ地方にある地名)

に本拠地を移した際の、お披露目パーティーで、

世界のワイン関係者の間で「神様」と呼ばれ、

尊敬を受けている「アンリ・ジャイエ氏」が

祝福に訪れました。これはワイン醸造者にして

みれば最大の光栄だそうですね。

この時同氏は、仲田晃司さんのスパークリング

ワインを褒め称えると共に、「仲田さんにしかない

個性や、日本人としてのアイデンティティーを、

ブルゴーニュワインの中でもっと表現すべき」

との有り難いお言葉を述べられたそうです。

これをきっかけに生まれたワインが、

後に当ブログでご紹介する「天地人」

と書かれたオレンジのラベルが貼られた

「ルー・デュモン」です。さっそく

次の項目でご紹介しますね!

スポンサーリンク

2.仲田晃司さんの作るワインの味や値段やおすすめは?

では、ワインの神様「アンリ・ジャイエ氏」

が認めた仲田晃司さんの作るワインの代表銘柄

【ルー・デュモン】とはどんなワインなのか?

ご紹介します!こちらです!

出典元:https://goo.gl/dHW1Mk

出典元:https://goo.gl/Bu5ZAz

一見すると、本場フランスの輸入ワイン

のように見えますが、オレンジラベルには

「天地人」と書かれていますよね。

ワインの神様「アンリ・ジャイエ氏」の助言

通り、仲田さんらしさ、日本人らしさを

表現された素晴らしいワインだと思います。

【味や値段、おすすめワイン】

種類は基本的に「赤と白」の2種類。

ブドウの品種によって味や値段もまちまち

だそうです。

ちなみに2014年産の物を例に挙げると

「赤」

 ①【ジュヴレ・シャンベルタン】

甘み・酸味・渋みは少なめでブドウ本来の

フルーティーな味が強めなようです。

【値段】

約¥9,000程度

②【ブルゴーニュ ルージュ】

こちらも甘み・酸味・渋みが少なめで

①【ジュヴレ・シャンベルタン】よりも

少しフルーティー感が抑えられている

という味わいだそうです。

【値段】

約4,000程度


【白】

①【ムルソー】

酸味とブドウ本来の果実感が強めな

白ワインです。

【値段】

約¥10,000程度

上記出典元:https://goo.gl/UCjuBL

※上記価格は AEON.com のもの

です。扱う店舗により価格は違いますので

ご了承下さいね。

スポンサーリンク

3.仲田晃司さんが漫画になった「神の雫」とは?

漫画「神の雫」とは、

原作:亜樹直・作画:オキモト・シュウさん

による日本のコミックスです。

出典元:https://goo.gl/sVv9NM

【あらすじ】

世界的なワイン評論家「神咲 豊多香」

の息子、神咲雫が父の死後、遺言を受け取り、

父が選んだ12本の偉大なワイン『十二使徒』と、

その頂点に立つ『神の雫』と呼ばれる幻の1本があり

、「何年作の何」というワインなのかを、1年の期限で

全て当てた者に、遺産のワインコレクション全てを

譲るという。父の養子である天才ワイン評論家「遠峰一青」

と遺産を巡って勝負するというストーリーのようです。

このストーリーの途中に登場するのが仲田晃司さんと

そのワインのようですね。

出典元:http://www.lemeiesta.com/blog/2016/02/entry-987.php

興味のある方は是非、ご覧ください。

最後に

いかがだったでしょうか?

世界に認められている仲田晃司さん。

私ケチャンはワインに明るくないのですが、

この記事を執筆していて、なんだか仲田晃司

さんのワインを飲みたくなりました^-^

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。コメントも随時

お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする