小保方晴子がグラビアデビュー!?画像や経歴は?

こんにちは。ケチャンです。

驚きの速報が入りましたので

ご紹介します!

以前、世紀の発見、STAP細胞で世間を騒がせた、

小保方晴子さん。覚えてらっしゃいます

でしょうか?

その小保方晴子さんが、この度グラビアデビューを

されたとの情報が入りました。

今回は、小保方晴子さんのグラビアデビューの

画僧や経歴などについて調べてみました。

スポンサーリンク

小保方晴子(STAP細胞)さんのチェックポイント!

1.小保方晴子(STAP細胞)さんがグラビアデビュー!?画像は?

2.小保方晴子(STAP細胞)さんの経歴などのプロフ!

1.小保方晴子(STAP細胞)さんがグラビアデビュー!?画像は?

出典元:https://goo.gl/7DWbB8

だいぶ衝撃的なニュースですよね。

まずはこちらの記事からご覧ください。

 STAP細胞に関する論文がネイチャー誌に掲載され、一躍「リケジョの星」として注目を集めるも一転、論文の不正や研究の実態に疑問が寄せられ、一気にバッシングの対象となった小保方晴子氏。久しく表舞台に姿を見せなかったが、このたびSTAP細胞の騒動について書き記した日記を出版。「婦人公論」にてグラビアデビューを果たした。ワイドショーでそのニュースが報じられると、視聴者は騒然。ネット上には数々のコメントが書き込まれている。

「そのルックスがSTAP細胞騒動の時と違いすぎるようで、『こんな顔だったっけ?』『めっちゃ美人になってる』という意見のほか『論文だけでなく顔面も偽装か』『STAP細胞の実用化に成功したのか』と皮肉る声まで。また、自死した研究者もいた騒動だっただけに、どのツラ下げて…という思いがいまだに根強いようですね。『相当自己顕示欲が強いね』といった批判のコメントも数多く見受けられます。今後の活動について『なんでもやってみたい』と答えているそうで、艶系DVDへの出演をすすめる声まであがっています」(芸能ライター)

悲劇のヒロインのようなスタンスが鼻につく人もいまだ多いようだ。

引用元:https://asajo.jp/48844

とても驚きです。

小保方晴子さんは当時、奇跡の大発見として、

若返りも実現可能と言われた、STAP細胞を発見

され、世界的専門誌「ネイチャー」にその偉業を

掲載され、さらにはその美貌から、多くの

人から人気を博しました。

しかし、発見したとされるデーターに

手違いがあったようで、この発見は間違いだった‥

という事で逆に世間からバッシングを受けて

しまい、表舞台から姿を消した‥そんな悲劇の

ヒロインのような扱いをされてしまいました。

では、そんな小保方晴子さんがグラビアデビュー

したとされる、画像を早速ご紹介しますね!

出典元:https://goo.gl/B1PJkK

いかがでしょうか。

メイクの関係で多少スッピンとは違いが

あるでしょうが、顔の小保方晴子さん

と比べると、まるで別人のようですよね(*‘ω‘ *)

前述のSTAP細胞騒動があったのが、

2014年12月の事ですから、あれから約4年。

だいぶ落ち着いた大人の女性となった印象は

受けますね。小保方晴子さんは1983年生まれ

ですので、当時は31歳。現在は34歳に

なっています。

では、小保方晴子さんの詳しいプロフや経歴を

次の章でみて行きましょう!

スポンサーリンク

2.小保方晴子(STAP細胞)さんの経歴などのプロフ!

名前:小保方晴子(おぼかた はるこ)

生年月日:1983年9月25日

年齢:34歳 ※2018年3月時点

出身地:千葉県松戸市

学歴:早稲田大学理工学部 卒業
   早稲田大学大学院
理工科学研究科修士課程修了

【主な経歴】

小保方晴子さんは幼い頃から研究者になりたい

と思っていたそうで、特に生命や再生医療に

大変興味を持っていたそうです。

早稲田大学を経て。早稲田大学大学院に進学

してからは、細胞シートと呼ばれるものを使って

別の細胞組織へ移植する研究をされていたそうです。

やがて大学院を卒業し、理化学研究所の研究員と

なった小保方晴子さんは、細胞に刺激を与えることで

初期化されることに気づいたそうです。

これがSTAP細胞と呼ばれるものだそうで、

これを応用し実現されればあらゆる細胞を

初期化(生まれ変わる)することができ、

細胞を若返らせる事ができるとして、

STAP細胞の研究結果を発表。

アメリカに特許を申請し、本格的に

その研究に対する調査が始まりました。

しかし、その研究データーの不足や不正疑義が

発生。再度、STAP細胞を作り出すテストを

133回行うも、すべて未成功となり、さらに

小保方晴子さんへの疑義が増加。

結果的に論文データは却下。当時所属していた

理化学研究所からも博士号の取り消しなどが

されてしまい、自身も同研究所を退職する

こととなりました。

未だに、STAP細胞自体、作り出すことができるのか

どうか、そして小保方晴子さんの実験が過去に成功

したのかどうか、については不明のままのようです。

当時の報道では、小保方晴子さんが涙ながらに

「STAP細胞はあります!」といった言葉が

記憶に残っています。

決して、小保方晴子さんを否定するわけでは全く

ないのですが、疑義が起きてから、その後の実験に

おいて、そして今現在もSTAP細胞の実験が成功して

いないとなると、やはりその当時、仮に実験が

成功していたとしても、現時点で実現できないので

あれば、それはやはりまだ未完成な細胞である、と

世間の目が見てしまうのは、致し方ないものだと

思ってしまいますよね(^^;

どんな形であれ、夢の若返り細胞が実現される日が

一日でも早く訪れることを切に願う、

今日この頃です。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする