加藤一二三(ひふみん)棋士が、かわいいと話題だが、性格や人柄は?

スポンサーリンク

出典:https://www.shogi.or.jp/player/pro/64.html

こんにちは。ケチャンです。

今、将棋がちょっとしたブームになって来て

いるそうです。

そんな中、ひふみんこと加藤一二三(ひふみ)

さん(九段/77歳※現役棋士としては最高齢)

が2017年6月20日、62年と10ヶ月の棋士生活

にピリオドを打ち、引退をされました。

私も子供の頃から、将棋をやっていまして、

ひふみんさんの存在はもちろん知っていた

のですが、最近メディアに露出されるように

なって、ますます親しみやすさが増して

きました。そんな愛おしく親しみやすい

ひふみんさんの事を少しでも知って抱ければ

と思い、記事にしてみました。

スポンサーリンク

加藤一二三(ひふみん)さんのプロフィール

名前:加藤一二三(かとう ひふみ)
生年月日:1940年1月1日(77歳)
プロ入り年月日:1954年8月1日(14歳)
出身地:福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)
師匠:剱持松二 九段
段位:九段

戦績

タイトル獲得合計:8期
一般棋闘優勝回数:23回

プロ入りしたのはまだ彼が中学生の時です。

最近話題の中学生プロ棋士 藤井四段に

最年少記録を塗り替えられるまではずっと

ひふみんさんがプロ入り最年少記録を保持

していました。

タイトル獲得回数や優勝回数の多さなど

輝かしい経歴の持ち主です。

ひふみんさんの人柄・性格

見た目のふくよかさや優しそうな感じに加え

て、発言や言動が非常に親しみやすい

キャラクターのためか、最近ではテレビなど

のメディアに引っ張りダコのひふみんさん

ですが、いざ、対局となるとやはりそこは

超一流のプロ棋士。勝負に対する執念は

ものすごく、過去には対局場所の旅館で

流れる人工の滝の音が耳障りであった為、

滝の流れを止めさせた、というエピソード

もあります。

また、ひふみんさんは敬虔なカトリック

教徒だそうです。

現役時代、対局中の良い流れを保つ為、

お祈りをしたり、聖歌を歌って気持ちを

高めていたんだそうですよ。

ちなみに2000年に紫綬褒章も受章されています

スポンサーリンク

14歳7ヶ月で史上初の中学生プロ棋士になった

当時は史上最年少、史上初の中学生

プロ棋士としてデビューしました。

最近では、中学生プロ棋士の藤井聡太四段が

大変話題となっていますが、藤井四段が

14歳2か月でプロ棋士になったことで

史上最年少記録は塗り替えられましたが、

それまでの62年間の記録保持は素晴らしいの一言ですね。

ひふみんさんの かわいいところ

●「あと何分?」が口癖の、ひふみんさん。

対局中、手持ち時間がなくなり、すでに

秒読み段階に入っているのに 記録係に

「あと何分?あと何分?」と、しつこく

聞きすぎて怒られた

●ウナギや天ぷらなどの脂っこい物が大好物

の為か、体重が100kgを超えてしまった

ので、ダイエットをしようと決意したが、

体重が重すぎてエアロバイクに乗れない事を

悩んでいるらしい

●甘い物も大好きで、板チョコを一日8枚ほど

食べるらしい

●他棋士の対局の解説中、一人で対局内容に納得し、

将棋の解説をせずに勝手に終わらせた事がある

●羽生善治三冠との対談で、「無人島に持っていく

としたら何を持っていく?」という質問に

「羽生さん」と答えた

●ネコ好きが高じて近所の野良猫に絵付けをした結果、

近隣住民から訴えられちゃった

(賠償金を払って解決済み)

●将棋会館の軒下で雨宿りをするネコに向かって、

「ハロー!君達も将棋をするのかい?」と尋ねる  ‥‥etc

まとめ

いかがだったでしょうか?

輝かしい経歴を持ちながら、一方で非常に

お茶目な一面も持っている、愛すべき存在

の、ひふみんさん。

素のままで行動し、なぜか焦っているかの

ような早口で話す癖のある(笑)、

誰からも愛される彼のキャラクターは

現役棋士時代以上に活躍が予想されます。

長年のプロ棋士生活を終えて、ひとまず

これからは大好物を食べ、のんびりしながらも

後輩棋士たちの指導をしたり、

時にはバラエティー番組出演などの

オファーもあることでしょうから、

これからも一層目が離せませんね。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き

ありがとうございました。

運営者 ケチャン m(__)m

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする