桜庭一樹の経歴は?独身でいる理由やイチオシ作品が気になる!【ゴロウデラックス】

こんにちは。ケチャンです。

3月29日(木)24時58分~25時28分 

※日付は3月30日です

TBSのゴロウ・デラックス

に直木賞作家の桜庭一樹さんが出演されます。

今回は、桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さん

の経歴や、独身でいる理由、イチオシ作品に

ついて、調べてみました。

スポンサーリンク

桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんのチェックポイント!

1.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんの経歴は?

2.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんが独身でいる理由は?

3.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんのイチオシ作品は?

1.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんの経歴は?

出典元:https://twitter.com/sakurabakazuki

名前:桜庭一樹(さくらば かずき)

生年月日:1971年7月26日

年齢:46歳 ※2018年3月時点

出身地:鳥取県米子出身(島根県生まれ)

職業:作家・小説家

【主な経歴】

桜庭一樹さんは、まだ字が読めないくらい

小さい頃から、本が好きだったそうで、

読み聞かせてもらった内容を記憶して、

それを家族に聞かせていた、というほどです。

小学生の時は、祖父母の家に毎週訪れては

本を1冊与えてもらって喜んでいたんだそう

です。当時好きだったのは世界名作全集。

小説家になりたいと思った時期は小学校

の4~5年生ぐらいだったそうです。

自分でいくつか小説を書いてみたそう

なのですが、基本がわかっていなかったせいか、

全然書けなかったそうですよ。

中学生になっても、読書好きは留まらず、

毎日、学校の図書室で小説を読み漁っていたそうです。

逆に運動が苦手だったようで、とにかく家で

本を読んでいることが一番好きだったそうです。

高校生辺りからマンガにハマったそうですよ。

今でも読まない小説や映画はファンタジー系統。

少年と少女のでてくる、学園モノがお好きなんだ

とか。

大学入学と同時に上京されたそうです。

当時読んでいた作品は東野圭吾さん。

特にお気に入りだった作品は

【パラレル・ワールド・ラブストーリー】

出典元:https://goo.gl/B37JVb

【むかし僕が死んだ家】

出典元:https://goo.gl/WofLHc

だったそうです、


【作家デビュー】

1993年:DENiMライター新人賞受賞。

その後の1999年、「夜空に、満天の星」

で「ファミ通エンタテインメント大賞小説部門

で佳作を受賞をし、作家デビューをされています。

しかし、この作品は意外にも売れず、その後の

仕事も殆どなかったそうですね。

2003年には、ライトノベルの

「GOSICK ゴシック」シリーズで注目を集め、

2004年発表の「推定少女」や

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」が

高い評価を受け、

2005年の「少女には向かない職業」では、

初の一般向け作品として注目を集めます

2006年「赤朽葉家の伝説」が、

2007年「第60回日本推理作家協会賞

(長編及び連作短編部門)」で受賞、

第28回吉川英治文学新人賞候補、

第137回直木三十五賞候補となられます。

そして 2008年にはついに、「私の男」で

第138回直木賞を受賞されています。

桜庭一樹さんはこの後も、小説にとどまらず、

TVゲームのシナリオ、マンガの原作、

エッセイなど、幅広い分野で活躍されています。

スポンサーリンク

2.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんが独身でいる理由は?

桜庭一樹さん2018年3月時点で46歳、独身

でいらっしゃいます。

ずっと未婚でいらっしゃるのかと思ったのですが、

実は2009年にご結婚をされていたんですね。

お相手はお笑い芸人で放送作家の、友野英俊さん。

しかし、2011年末に離婚されています。

出典元:https://goo.gl/1AQEbM

離婚後から現在まで、桜庭一樹さんは

独身でいらっしゃるようですが、その理由

についてはご自身でも明らかにしていません。

これは憶測ですが、今や超売れっ子となった

桜庭一樹さんは、結婚して主婦と作家の

二足のワラジを履いての活動はとても難しく、

元々、インドアな性格でしょうから、お一人で

黙々と好きな事をする方が性に合っている

のではないか、と思います(^^;

3.桜庭一樹(直木賞作家・小説家)さんのイチオシ作品は?

では、桜庭一樹さんの数多くの作品から、

イチオシ作品を私ケチャンが独断と偏見で

選んでみましたので、ご紹介します!

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

出典元:https://goo.gl/tNYTLg

前述の「第60回日本推理作家協会賞

(長編及び連作短編部門)」で受賞した

作品です。

内容を詳しく明かしてしまうとつまらないので

詳しくは書けませんが、この本は3部に分かれて

構成されており、

千里眼を持った祖母、漫画家の母、

そして何もない私、という設定が面白いです。

親子3代が財家で繰り広げられる一族との

様子がとても面白い作品ですので、

是非、読んでみて下さい(^-^)

最後に

いかがだったでしょうか?

桜庭一樹さんは実はイケメン嫌いのダメ男好き

という、変わった性格の持ち主です。

これは持論ですが、作家さんを始め、

芸術家と呼ばれる人達の感性は、常人と

ズレていればいるほど、生み出す作品の

独創性が強く、面白いモノを作り上げるもの、

と勝手に信じています。

良い意味で、桜庭一樹さんもその、お一人

だと私ケチャんは思っています(^-^)

冒頭でもお伝えした通り、

3月29日(木)24時58分~25時28分 

(※日付は3月30日・金です)

TBSのゴロウ・デラックスに、直木賞作家

の桜庭一樹さんが出演されます。

普段見る事のできない。職場のなどの

生活が明かされるそうですから、

是非、ご覧ください!

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。コメントも随時

お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする