松崎謙一(ドローンパイロット)の年収や職業や家族のwiki!やりたい空撮の仕事とは?【U-29】

こんにちは。ケチャンです。

ドローンは今や広く一般の方々にも普及し

、自撮りに使用する方もいるくらい

浸透しつつあります。

今年、ドローンパイロットとして会社を起こされた

松崎謙一さんをご存じでしょうか?

今回は松崎謙一さんの年収や職業や家族、

本当にやりたい事だという空撮についてなど、

色々と調べてみました。

スポンサーリンク

 もくじ

1.松崎謙一さん(ドローンパイロット)の年収や職業は?

2.松崎謙一さん(ドローンパイロット)の家族は?

3.松崎謙一さん(ドローンパイロット)が本当にやりたい空撮の仕事とは?

1.松崎謙一さん(ドローンパイロット)とは?年収や職業は?

出典元:http://chillingmood.com/archives/982

◆氏名:松崎謙一(まつざき けんいち)

◆年齢:28歳(2017年時点)

◆出身地:香川県高松市

【主な経歴】

松崎さんは香川県高松市在住。

ある日、息子さんのためにドローンを買って

プレゼントしてあげたそうなのですが、

息子さんよりも、松崎謙一さん自身が

ドローンにハマってしまったそうです。

このドローンを使ったビジネスをしたい

という想いから、2017年の4月に思いきって

起業をされたそうです。

起業をした会社名は「FREEPERSON」

(フリーパーソン)。松崎謙一さんは

その代表を務めています。

【年収】

現在、ドローンのビジネスはまだ参入者がそれほど

多くないためか、性格な数値はそれほど明らかにされて

いないのですが、参考として

  • 農薬をドローンで散布する操縦士:

300万円~500万円

  • セキュリティの為にドローンを操縦する操縦士:

300万円~500万円

  • 空撮を行うドローン操縦士:

350万円~650万円

だそうです。

ドローンを操作するスキルによって

上記の金額は上下するようですね。

松崎さんの会社では現在、

主に農薬散布を中心に行っているようで、

かなりの受注を受けているということですので、

最低でも500万円。いや、それの何倍~何十倍もの

年収があるのではないでしょうか?

※あくまでも会社として受注をされてますので

年収というよりかは年商という考え方です。

ドローンは今のところ、

扱うための資格も免許もいらないという手軽さ

から、素人でも購入すればすぐに使用することが

できるようです。

ただし、「航空法」という規制があるので

この法律を守らなければなりません。

ざっくり言うと、

『本体重量が200g以下のドローンならば

航空法の規制を受けない』といえるのですが、

一概にそれでOKかというとそうでもなく、

細かい取り決めもあるようです。詳しくは

こちらのサイトを参考にしてみてください。

出典元:https://blog.codecamp.jp/drone-regulation

【職業】

松崎謙一さんがドローン事業を始める前の

職業を知りたいと思って調べてみたのですが、

残念ながらその情報は公開されていないため、

調べる事ができませんでした。

スポンサーリンク

2.松崎謙一さん(ドローンパイロット)の家族は?

松崎謙一さんは前途のように既婚者で、

息子さんが一人いらっしゃるようです。

ちなみに奥様の名前は「まき」さんという方だそうです。

残念ながら、奥様や息子さんの詳細は

一般の方ということで公開されていませんでした。

3.松崎謙一さん(ドローンパイロット)が本当にやりたい
空撮の仕事とは?

松崎謙一さんの会社では、今、ドローンを使って

農薬散布のお仕事をメインに受注されているよう

なのですが、松崎謙一さん自身、ドローンで

やりたい仕事は『空撮』なんだそうです。

もともと、ドローンにハマってしまったきっかけは

趣味で始めた空撮だったからだそうですよ。

空撮いうと、従来はヘリコプターや小型のラジコン

を使ったものが一般的だったのですが、

ヘリコプターではコストがかかることや、

ヘリのプロペラによる振動や風圧、接近して

の撮影が難しいという点が課題。

小型のラジコンではやはり安定性に欠けると

いう部分が大きな課題だそうです。

その点、ドローンであれば、上記の課題を全て

クリアします。強いて難点を挙げるならば、

ドローンは本体重量が軽いというメリットと

デメリットの両方があるため、軽さゆえ、

風に弱く、撮影がブレてしまうという部分です。

これを補うにはドローンパイロットの腕次第、

ということらしいですね。

松崎健一さんがやりたいという、

空撮の動画がありますので、ご覧ください。

(※動画は松崎謙一さんの作品ではありません)

花火をドローンで至近距離から撮影することで

「花火が立体」であるということをよりリアルに

捉えることができますね!感動ものです!

松崎謙一さんが本当にやりたいという空撮。

その意味が分かった気がします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

松崎謙一さんが、今年の4月から

ドローン事業を始められたわけですが、

その以前の職業は残念ながら調べることが

できませんでした。

しかし、ドローン事業立ち上げのきっかけが

息子さんへのプレゼントだった、という

エピソードはなかなか斬新でした。

趣味で始めた料理から料理研究家になったり、

ブログを書き始めたら、いつの間にか

プロのブロガーになっていた、など

今は昔と違って、働き方も様々ですよね。

今回ご紹介した松崎謙一さんが

2017年12月12日(火)  23時00分~23時25分  

NHK Eテレ【人生デザイン U-29】に

ご出演されます

空撮の仕事をするために松崎謙一さんが行った事など

が番組内で紹介されるようですので、

興味のある方は是非、ご覧ください。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。

コメントも随時お受けしていますので、

気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする