探究学舎ってどんな塾?場所や料金、代表の宝槻泰伸は何者なのか?

こんにちは。ケチャンです。

 

『元素カルタ』を商品化した

天才小学生のレウォンくんが通う

塾【探求学舎をご存知でしょうか?

 

なんでも、普通の塾とは

だいぶ違うスタイルのようですね(^-^)

 

この記事では

・探求学舎ってどんな塾なのか?
・場所
・料金
代表者である宝槻泰伸(ほうつきやすのぶ)さんとは
一体何者なのか?

についてお伝えしています。

では早速見て行きましょう!

 

スポンサーリンク

1.探究学舎ってどんな塾?

出典元:https://tanqgakusha.jp/

 

受験勉強教えない教室

 

これが探求学舎の特徴として掲げられています。

かなりセンセーショナルなタイトルですよね(;´∀`)

 

探求学舎ではありますが、

受験勉強などを教えるような

いわゆるフツーの学習塾とは全く違います。

 

探求学舎では、

子供たちの好きなコト興味を持ったこと

見つけるために、

一人一人の探求心に火をつける取り組み

している塾なんだそうです(^-^)

 

出典元:https://tanqgakusha.jp/

 

宇宙・生命・元素・医療・数学・経済・歴史・芸術・IT、様々な分野について、
子どもたちが驚きと感動に出会えるような
学びの体験を届けています。

引用元:https://tanqgakusha.jp/about/

 

ようするに探求学舎では

学校の授業のような

決められたカリキュラムにおける

教科書に沿って学習をするスタイルではなく、

子供たちが

「もっと知りたい!「もっとやってみたい!」

思うようなものであれば、

どんなものでも学習の場を提供し、

やらせてあげる、といったスタイルを

取っている塾なんだそうです。

 

こちらは探求学舎の授業風景の一例です

ココは塾ではありません。遊び場だ』という

子供の言葉にリアリティがありますよね(^-^)

 

授業では歴史や化学などの勉強も

行われているようですが、

この動画を観る限りでは、授業と言うよりも

ゲームに参加しているような印象を受けますし、

みんな生き生きとした顔

心から楽しんでいる様子が見て取れますよね。

 

私も学校の授業がこんなに楽しい場だったら

きっと学力は大きく違っていたかもしれないな…

と思いました(;’∀’)

 

探求学舎に通い、【元素カルタ】

商品化させた天才小学生のレウォンくん

意外な〇〇とは!?

 

スポンサーリンク

2.探究学舎の場所や料金は?

ある意味、革命的な塾である探求学舎ですが、

特にお子さんをお持ちの親御さんであれば

ご自分のお子さんを通わせてみたい

思うかもしれません。

 

ちなみに探求学舎で学ぶ場合、

2通りの参加方法があります。

オフライン授業

 

・毎週参加する「三鷹通塾」
2021年10月時点では運営停止中

 

・2日間の集中講座「探究スペシャル」

 

オンライン授業

 

・毎週参加型「オンライン通塾」
・1ヵ月程度の集中講座「オンライン探究」

場所

 

【三鷹校]※2021年10月時点では運営停止中

住所:東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ2階

 

<地図>

費用

小学生・中学生一律で
39,600円(税込)※2021年10月時点

※オフライン授業の

2日間の集中講座「探究スペシャル」の詳細日程や

その他の最新情報については

探求学舎の公式サイトにて随時ご確認ください。

 

スポンサーリンク

3.探究学舎の代表・宝槻泰伸(ほうつきやすのぶ)さんとは何者なのか?

探求学舎の代表でもあり講師も務める、

通称「やっちゃん」こと

宝槻泰伸(ほうつき やすのぶ)さん。

 

出典元:https://tanqgakusha.jp/

 

果たしてこの方は一体何者なのか?

とても気になり、リサーチしてみました。

 

出典元:https://tanqgakusha.jp/

名前:宝槻泰伸(ほうつき やすのぶ)

 

生年月日:1981年5月25日

 

年齢40歳 ※2021年10月時点

 

出身地:東京都三鷹市

 

最終学歴:京都大学 経済学部 卒業

 

得意技:熱狂させること

 

その他:宝槻3兄弟の長男である

★5児(2男3女)の父

宝槻泰伸さん3兄弟の長男

教育者で実業家の父・徹さん

風変わりな教育によって

現在のご自身における

教育方針が出来上がったと感じます。

 

父・徹さん

出典元:https://www.google.com/

 

例えば、徹さんは

まだ当時学生だった宝槻泰伸さん達に対して

英語の勉強は一切やらせず、

英語は後でいくらでも勉強できるから

今は、やるな。と言っていたと言います。

 

また、麻雀やポーカーなどを積極的にやらせて

計算スピードといった「算数の基礎」を身に付けたり

小説家や芸術家の友人を自宅に招いて、

仕事の楽しさを理解させるなど、

一見すると「教育者」としては常識破りな方法で

家庭教育を行なっていたといいます。

 

その結果、宝槻泰伸さん達は

探求心を駆り立てられるようになり、

自ら「知りたい」「もっとやってみたい」

という気持ちを起こさせられたそうですね。

 

これってまさに現在の探求学舎

教育そのものですよね (;’∀’)

 

その結果、宝槻泰伸さん達3兄弟は

3人とも京都大学合格という偉業を

成し遂げられたといいます

探究心に火がつきさえすれば、子どもは自ら学び始める

これが父・徹さんのモットーであり、

また宝槻泰伸さんの信念でもあるんですね。

 

探求学舎の代表・宝槻泰伸さん

もっと詳しい記事はこちら

 

スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

 

日本の義務教育における「つめこみ教育」は

ただ受験においての良い結果を出すための勉強であり、

人が本来持っている『知的好奇心・探求心』を

育むというものではないと感じます。

 

それによって「勉強する意味」を

本当に理解できないまま

大人になっていく子供たちで

溢れていると感じますよね…

 

探究心に火がつきさえすれば、子どもは自ら学び始める

 

まさにこれが

本当の意味の『学び』だと思いませんか?(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください