和歌山毒物カレー事件の息子の名前や人柄や現在の画像は?1【事件の涙】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

2017年12月26日(火) 

22時50分~23時15分 に

NHK総合テレビで

「事件の涙 HumanCrossroads

死刑囚の母 息子の選択 毒物カレー事件」

という番組が放送されました。

これは1998年(平成10年)7月25日に

和歌山県和歌山市で、夏祭りの時に

住民へ振る舞われた、カレーの中に

毒物である「ヒ素」が混入されており、

死者4名、負傷者67名という犠牲者を

出し、のちに「林 眞須美 死刑囚」が

犯人とされた事件です。

今回番組で取り上げられるのは、

この林 眞須美死刑囚の息子さん(長男)

です。

実の母親が逮捕され、それからこの息子

さんが現在まで、どう生きてきたのか?

今回は事件の概要も含めて、

息子さんについて、調べてみました。

スポンサーリンク

 目次

1.和歌山毒物カレー事件とは

2.事件の真相と、林眞須美死刑囚の現在

3.林眞須美死刑囚の息子(長男)さんについて

1.和歌山毒物カレー事件とは

この事件は、1998年7月25日の夕方に、

和歌山県和歌山市園部地区で夏祭りの

カレーに毒物の、ヒ素が入れられて、67人が

腹痛や吐き気などを訴え、病院へ搬送。

そのうちの4人が死亡した事件です。

今から約20年前の事件ですので、若い方は

ご存じないかもしれませんね。

当初、保健所は「食中毒によるもの」と判断

したが、和歌山県警は負傷者の吐瀉物を検査。

後に警察庁の調査により「亜ヒ酸の混入が

判明し、毒物がヒ素である事がわかりました。

1998年10月、知人男性に対する殺人未遂と

保険金詐欺の容疑で、元保険外交員で主婦の

林 眞須美(はやし ますみ 当時37歳)が、

別の詐欺と同未遂容疑をかけられた、

夫・健治氏とともに逮捕されました。

さらに12月9日、カレーへのヒ酸の混入

による殺人と殺人未遂容疑で再逮捕されます。

これまでに林眞須美死刑囚は

「殺人と殺人未遂の罪」で検察の求刑通り

第一審:死刑判決、その後林眞須美死刑囚は

控訴するも、第2審の高裁は第1審を支持し、

控訴を棄却。

そして2009年4月21日に最高裁により

死刑が確定しました。

スポンサーリンク

2.事件の真相と、林眞須美死刑囚の現在

では、なぜ林眞須美死刑囚がこの事件の犯人

と判断されたのか?調査によれば、

●カレーを食べた負傷者から検出された

毒物がヒ素であったことと、

林眞須美死刑囚の夫がシロアリ駆除の

会社を経営しており、自宅から駆除で使う

ヒ素が出てきた事。

●このヒ素を使って、過去に何度も

保険金詐欺を働き、保険がかけられた

人へ、ヒ素を混入させた食事をさせ、

それにより保険金を受け取っていた事
総額7億円もの保険金を
受け取っていたとされています

●裁判では、状況証拠から、林眞須美死刑囚

以外、カレー鍋にヒ素を入れる事のできた

人物がいない事。林眞須美死刑囚の髪の毛

からもヒ素が検出された事。

そしてカレー鍋に残っていたヒ素と、

自宅にあったヒ素が同じ成分を含んでいた事。

●林眞須美死刑囚とその家族は、

このカレーを食べていないという事

などが、容疑→逮捕へとつながった

とされています。

しかし一方で、この事件において、

一部では林眞須美死刑囚は

「冤罪ではないか?」という声が

挙がっているそうです。

その理由は以下の通りです。

■京都大学の河合潤教授の指摘によると

林眞須美死刑囚の自宅にあったヒ素

の濃度は約60%。カレー鍋に残った

ヒ素の濃度は98%と、純粋に近い濃度で

あった。他の物と混ざって濃度が高まるの

は物理的にあり得ないという点。

■林眞須美死刑囚は事件当初から現在まで、

一貫して容疑を否認し続けていて、自白を

していない。また直接的な物的証拠がなく、

状況証拠しかない。

さらには、過去の保険金詐欺のような

「お金」目当てではなく、無差別に他人

を殺めるような事をする動機がない

という点。

※前述のように林眞須美死刑囚は

得た保険金によって豪華な生活を

送っていたのだから、そんな生活を

自ら奪うような事件を起こす動機が

ないであろうという事

参考資料

http://originalnews.nico/22616

しかし、現在もうすでに最高裁によって

死刑判決が出てしまっていますので、

これを覆し、無罪とすることは、

到底無理であろうと言われています。

【林眞須美死刑囚の現在は】

2017年現在、55歳となり、

大阪拘置所に収監されています。

2009年7月に和歌山地裁に対して無罪を

言い渡すべき新たな証拠として、

祭り会場に残された紙コップのヒ素と

自宅のヒ素とは異なると主張して、

前述の京都大学の研究者の鑑定で

「事件当時のヒ素の鑑定方法は問題あり」

として再審を請求していたが、

2017年3月29日に和歌山地裁により

棄却され、無罪とはなりませんでした。

3.林眞須美死刑囚の息子(長男)さんについて

※ここまでお読み頂き、

ありがとうございます。

本記事が長くなってしまいましたので、

続きの息子さんの記事については

こちらをクリックして下さい。

※リンク先は『和歌山毒物カレー事件の息子

の名前や人柄や現在の画像は?2

【事件の涙】』です。宜しくお願いします。

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする