元木美香(旅館の女将)の旅館や場所、難病と闘う娘(陽菜・ひな)さんとの笑いの生活とは?【ハートネットTV】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

1/17(水)20時放送のEテレ

【ハートネットTV】に山形の老舗旅館の

女将として、また難病の娘(陽菜・ひな)

さんを育てている元木美香さんが出演されます。

経営する旅館や場所、娘さんとの笑いの

絶えない生活などについて調べてみました。

スポンサーリンク

  もくじ

1.元木美香(旅館の女将)さんの旅館や場所は?

3.元木美香(旅館の女将)さんの娘さん(陽菜・ひな)さんの難病について

3.元木美香(旅館の女将)さんと娘さんとの笑いの絶えない生活とは?

1.元木美香(旅館の女将)さんの旅館や場所は?

まずは今回「ハートネットTV」に出演された

元木美香さんについて簡単にご紹介します。

名前:元木美香(もとき みか)

年齢:不明(30代?)

出身地:香川県

職業:山形県鮭川村にある温泉旅館
  「紅葉館」の女将

元木美香さんは約17年ほど前に宮城県仙台市

で働いていた時に夫の元木洋典(ひろのり)

さんと知り合い結婚。翌年には長女の

陽菜(ひな)さんを出産されます。

夫の洋典さんは山形の温泉旅館

「羽根沢温泉ホテル紅葉館」の3代目

館主。その妻である元木美香さんはその

旅館の女将さん。

元木さんが切り盛りする旅館はこちらです

美人の湯として知られているそうです。

秋は温泉から紅葉が眺めるようですよ

名物黒毛和牛のステーキ付きのお料理です

ゆったりくつろげる和室

出典元:http://www.kouyoukan.com/facility/spa.html

【旅館の地図】

予約等の詳細は紅葉館のHPをご確認下さい。

紅葉館のHP

しかい現在、元木美香さんはいわゆる

一般的な「旅館の女将さん」として、

朝から晩まで働く、という事が

できないでいるそうで、料理人である

旦那さんと、そのお母さまが主に旅館を

切り盛りされています。その理由は

長女の陽菜(ひな)さんが生まれた時から

難病で、脳と目に障害があり、物を見たり

立って自立した生活を送る事はおろか、

口から食事も摂れないため、24時間

付きっきりで、母の元木美香さんが

看病をしているからだそうです。

では、陽菜さんの難病とは一体どんな

病気なのでしょうか?次に続きます。

スポンサーリンク

3.元木美香(旅館の女将)さんの娘さん(陽菜・ひな)さんの難病について

長女の陽菜(ひな)さんは現在14歳。

学年でいえばちゅがく2年生になる年齢

でしょうか。

陽菜さんは生まれた時からミルクを

飲む事ができなかった為、検査の結果、

脳に障害があることがわかったそうです。

ただ、何が原因でそうなのか?が解明されて

おらず、医師からは原因不明の難病だとしか

伝えられていないそうです。

自力での生活は送れず、食事は口から摂取

できないため、おなかに開けた穴に管を

通し、そこから栄養剤や、毎日欠かすこと

のできない数多くの薬を注入しているそうです。

当然ですが、味覚を感じることができない

食事摂取ですので、舌で「おいしさ」という

ものを感じる事ができません。

さらに自力で唾やタンを出すことができず、

器官につまったり肺炎になる恐れがあるので

常に美香さんが吸引を行っているそうです。

これらは「医療行為」にあたるので資格を

持った看護師などが行うのが原則なのですが、

元木美香さんが住んでいる山形県最上郡鮭川村

には訪問看護などのサービスがないため、

美香さんが医師の指導を受けて医療行為を

行って、ずっと陽菜さんを育ててきたそうです。

以下は陽菜さんが赤ちゃんの頃に、美香さんが

感じた一文です。(一部引用)

泣かれる事がものすごい続くと何だろう…もういいふうに考えられなくて。
少しずつ美香さんは追い込まれうつ病やパニック障害になりました。
そのころに書き留めた思いです。
「元気な身体に産んであげられなかった事楽しみも喜びも食べる事も陽菜に何一つ与えてあげられなかった私をどれほど謝れば許してもらえるのだろうか」。
美香さんは自分を責め続けていました。
朝起きてからずっとすごく体が重かったり何にもしたくなかったり。
何か「陽菜」って。
「お母さんもちょっと疲れてるんだよね〜」なんていう事言いながらお世話とかしてきましたねうん。
そんな美香さんを勇気づけてくれたのは陽菜さんが時折見せる笑顔でした。
こういうかわいい顔とか見ちゃうとねもう本当にね何ていう…言葉にならないですかわいすぎて。
今日は陽菜が笑ったとか何かそういうの見てるとすごい楽しいのでやっぱりそれは陽菜を育てていきたいっていう自分のしたい事になると思うので。
したい事それでできてるって自分では思いますね。
今も陽菜さんの病気は原因不明のまま。
症状の改善につながる治療法が見つかっていません。

引用元:http://kakiokoshi.hatenablog.com/entry/2017/03/02/180953

「元気な身体に産んであげられなかった事

楽しみも喜びも食べる事も陽菜に何一つ

与えてあげられなかった私をどれほど

謝れば許してもらえるのだろうか」

この一文に美香さんの、陽菜さんへの

母としての深い愛情と切なさがいっぱい

に詰まっています。

なんでこんな思いをさせられなければ

ならないのか?

元木さん達が何か悪い事をしたわけではない

のに‥‥

ぶつけようがなく、やり切れない感情が

つい湧いてきてしまいます。

でも、そんな元木さんご一家は決して悲観的な

毎日を送っているわけはないのです。

次に続きますね。

スポンサーリンク

3.元木美香(旅館の女将)さんと娘さんとの笑いの絶えない生活とは?

難病と日々闘う陽菜さんと母、美香さん。

決して楽な生活とはいえないでしょうが、

意外にも、家庭内に笑いが絶えないんだとか。

長女・陽菜さんの遊び相手である次女・陽萌

(ひめ)さん(10歳)が明るいんだそうです。

いつも大声で笑っている。

歌が大好きな陽萌さんはいつも歌っているそうで、

姉の陽菜さんの前でも歌っていると、

陽菜さんが目で「アホだな」というそぶりを

するんだそうです。

妹の陽萌さんが何か変な事をやると

姉の陽菜さんが「何!?」みたいな目も

するんだとか。

美香さん曰く、二人はとても中が良く、時折、

姉の陽菜さんが妹の陽萌さんにゆっくり近づいて

いって、自分から手を伸ばして妹さんに触る

んだそうですね。

そんな感じで朝もゆっくり寝てる妹の陽萌

さんを陽菜さんが手を伸ばして起こすことも

あるんだとか。

母の美香さんも、陽菜さん用の栄養剤の

コーヒー味とミルク味を混ぜて「カフェオレ味」

にするなどをして、楽しみながら暮らせるように

工夫をされてきたんだそうです。

舌では味覚を感じることができないけれど、

時折、「ゲップ」が起こると、その時にお腹に

送った物の味がわずかにわかるんだそうですね。

陽菜さん、きっと美香さんの作った

カフェオレ味の栄養剤、しっかりと

味わっているんじゃないでしょうかね(^-^)

最後に

いかがだったでしょうか?

難病との闘いを決してマイナスに捉えず、

「笑い」でプラスに変えていく。そこには

今までの苦悩や辛さが背景にあり、それを

家族みんなで乗り越えてきたからこそ、

今の元木家の明るさがあるのでは

ないでしょうか?

冒頭でもお伝えした通り、1月17日(水)

20時00分~20時30分 Eテレにて

ハートネットTV「もっと 笑える~

医療的ケア児と家族の日々~」が放送されます。

興味のある方は是非、ご覧ください。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。コメントも随時

お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする