桂文福(落語家)が吃音(きつおん)を克服!彼の家族やプロフィールは?【ハートネットTV】

スポンサーリンク

出典元:https://goo.gl/rKuQnQ

こんにちは。ケチャンです。

桂文福(落語家)さんは吃音症という障害を持ちながら

噺家(はなしか)として落語をする上で、その障害を

克服しました。

また、彼の家族やプロフィールなどを調べてみましたので

ご紹介します!

桂文福さんのプロフィール

  • 名前:桂文福 (かつら ぶんぶく)
  • 本名:田中登
  • 生年月日:1953年(昭和28年)3月31日
  • (2017年時点で64歳)
  • 出身地:和歌山県紀の川市桃山町
  • 身長:170cm
  • 体重:103kg
  • 血液型:B型
  • 趣味:カラオケ・鉄道での1人旅、

大相撲観戦とのことで、元横綱の曙や、

元大関の小錦と親交が深いそうです。

また、マンガを描くこと(上方落語協会の協会新聞で四コママンガを連載中)

と、とても多趣味な方ですね。

【経歴】

中学生の時には相撲部に所属。

高校生の時には美術部&柔道部にも所属していたそうです。

県立粉河高校卒業後、大日本印刷大阪工場に就職。

1年後に脱サラして19歳で五代目の桂文枝に弟子入り。

現在は、(有)文福らくごプロモーションの代表や、

吉本興業の落語プロジェクトへの参加などをされています。

【主な受賞歴】

28歳:「第2回ABC落語漫才新人コンクール」で審査員奨励賞受賞

その2年後から2年連続で 「第11回日本放送演芸大賞」ホープ賞を受賞。

また、和歌山での活動が評価され

「和歌山県文化奨励賞」「和歌山県桃山町民特別功労賞」

「和歌山県桃山町第1回ふるさと文化賞」も受賞されています。

【家族】

桂文福さんには奥様がいらっしゃるようなのですが、

年齢や画像や、お子さんなどの情報については

調べることができませんでした‥

吃音という障害を克服。その方法とは?

そもそも、吃音とはどういう障害かというと、

言葉をスムーズに発する事が困難な状態のことです。

吃音は大きく分けて【難発(なんぱつ)と連発(れんぱつ)】あり、

難発は、最初の言葉が出てこない、または出にくい状態。

連発は出にくい言葉を何度も連続して発してしまう状態の事です。

【桂文福さんの吃音克服法は?】

桂さんのお師匠からのアドバイスで、

「吃音をそのまま出した新しい落語を作り、話すこと」

に相当な努力と取り組みをされ、障害を隠すことなく、

避ける事なく、プラスに変えることで

普通の人と遜色ない話し方で

落語を話せるようになったようです。

桂さんが出演された番組と、吃音症を持った方との

交流番組がありましたので、良ければご覧ください

【バリバラ 「吃音と向き合う」】

動画中に出てくる、京都大学生の八木さん。

吃音が出る時は「緊張」を感じている時が多いようですが、

彼の努力と思考法によって、「リズムをつける」ことで

言葉が発しやすくなるという発見には驚かされました。

吃音症を持った有名人

●小倉智昭(フリーアナウンサー)

意外でした。小倉さんの話し方を聴いてみても

吃音症を持っている事を一切感じないからです。

小倉さんも幼少期から吃音症があったそうなのですが、

あえてその障害をマイナスにしたままにせず、

あえて人前で話すことでそれを克服するために

アナウンサーという道を選んだそうです。

●故 スキャットマン・ジョン(米国歌手/1942~1999年)

52歳で歌手としてメジャーデビューし、

日本でも1995年にテクノとヒップホップを融合した

新しい音楽「スキャットマン」がヒットしました。

彼の独特な発声と吃音をあえて表に出した斬新な歌唱法は

誰にも真似することができなかったと言われています。

※2018年4月時点で動画が削除されてしまい

ました

まとめとケチャン的考察

いかがだったでしょうか?

桂さんをはじめ、吃音症を持っていても

決して卑屈にならず、後ろ向きになることなく

むしろそれを武器にプラスに変える努力を

されることで、イキイキと生きておられる方が

多いことに気づかされます。

実は、私ケチャンの古い友人にも吃音症を

持った者がいるんですが、彼は吃音症を

理由に何かを諦めたり、マイナス思考になったことは

一度もありませんでした。

ケチャンも、知り合った当時(幼稚園)

から彼の吃音は出ていたのですが、

会話に困難を感じることなく、むしろ

彼がこの後何を言うのかを予想して

フォローするまでになっていました。

今はお互い連絡を取る事はなくなってしまったのですが、

きっと前向きな性格の彼の事ですから、

明るく楽しくやっていることでしょう(^-^)

2017年8月21日(月)  20時00分~20時30分

NHKのEテレにて

ハートネットTV「きつ音の落語家・桂文福 泣き笑いの落語人生」

に桂文福さんがご出演されます。

興味のある方は是非、ご覧になってみてください。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする