黒澤悠也(グランドソフトボール選手)のプロフィールなど【ハートネットTV】

スポンサーリンク

こんにちは。ケチャンです。

みなさんは黒澤悠也さんをご存じでしょうか?

黒澤悠也さんはグランドソフトボールという競技をされていて、

今年の夏に大活躍された選手です。

今回は、黒澤悠也さんやグランドソフトボールについて

調べてみました。

黒澤悠也さんプロフィール

氏名:黒澤悠也(くろさわ ゆうや)

年齢:21歳

北海道札幌視覚支援学校在校(2016年8月時点)

上記の学校名の通り、黒澤悠也さんは視覚に障害があります。

生まれた時からではなく、15歳の時に視力を失い始め、

現在は左目は失明、右目にわずかな視力が残っている

状況だそうです。

更に、この数年間で聴力にも障害が出ており、

現在、左耳はほとんど聞こえていないそうです。

15歳の頃から視力が、ここ数年からは聴力を

失い始めており、どちらも生まれつきではないため、

これからも徐々にその力を失ってしまう可能性のある

怖さは決して常人がはかり知る事はできません。

光と音を失うことの怖さ。私は想像しただけでも

怖くてたまらないです。

黒澤さんは高校卒業した後、

上記の北海道札幌視覚支援学校へ進学し、

そこでグランドソフトボールに出会ったそうです。

黒澤悠也さんの生年月日や現在の状況など、

細かい部分については、

調べ切る事ができませんでした。

ごめんなさいm(__)m

グランドソフトボールとは?

黒澤さんは幼いころから野球が大好きだった為、

その経験を活かしてグランドソフトボールを始めました。

グランドソフトボールというのは、視覚に障害のある人達のための

球技で、野球とソフトボールと(キックをしない)キックベースボールを

合わせたような球技です。

競技のもようが動画で紹介されていますので

まずはこちらをご覧ください。

バットとやや大き目なボールを使うところは

野球やソフトボールと同じですが、ボールを素手で触って投げる

ところはキックベースに近いですね。

この競技の面白いところは全盲者・弱視者・健常者の3者が

一緒に競技に参加し、お互い助け合ってプレーをするところです。

全盲者や弱視者はコーチャーと呼ばれる健常者の声や

ボールなどの物音を頼りにボールを取ったりバットで打ったりして

プレーをします。

去年の2016年8/24日に「第31回 全国盲学校野球大会/北海道大会」

が開催され、黒澤さんは北海道札幌視覚支援学校の

主将として選手宣誓を行いました。

黒澤さんの北海道札幌視覚支援学校のメンバーたちの

大健闘により4位という成績を収めました。

この大会の中でズバ抜けて光っていたのが

黒澤さんのプレーだったそうです。

その黒澤さんのプレーや障害について、

NHKのEテレ「ハートネットTV」

2017年8月24日(木)  20時00分~20時30分

にアンコール放送されます。

興味のある方は是非、ご覧ください。

今回も拙い文章&長文をお読み頂き、

ありがとうございました。

運営者 ケチャンm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする